SAKU39のブログ

初心者サラリーマンブロガー。ゲーム、サッカー、趣味、保険などのことをダラダラ書いています。

サッカー 東京五輪 決勝トーナメント。U-24日本代表 VS U-24ニュージーランド代表。個人的採点。

東京オリンピック、サッカーの決勝トーナメントが始まりました。

 

ここからは負けたら終わりの1発勝負。

1回戦の相手はニュージーランドです。 

 

あくまでも日本代表選手の個人的な採点。

※先に書いておきますが激しい試合でしたが正直退屈な内容でしたので、点数は適当でコメントは少なめです・・・


f:id:SAKU39:20210731220009j:image


f:id:SAKU39:20210812083046j:image

 

採点

U-24日本代表 00 U-24ニュージーランド代表

      4(PK)

 

6.0が及第点です。

 

【GK】

谷 7.0 MOM

1回だけ危ないポロリがありましたが、それ以外はニュージーランドの攻撃を全て弾き返しました。

PKでは見事なセーブもありましたし相手が外したシュートも完璧にコースを読んでいましたし、MOMです。

 

【DF】

旗手 6.5

サイドバックのときはイマイチだった印象ですが、2列目にポジションを変えてから持ち前の運動量とスピードでニュージーランドにプレッシャーを与えました。

ヘディングシュートは惜しかったです。

中山との相性が良いと思います。

 

冨安 6.0

 

ニュージーランドを0点に抑えましたが、らしくないパスミスや判断ミスなど今日は精彩を欠いていました。

 

吉田 6.0

同じく0点に抑えましたが集中を欠いているようなシーンがチラホラありました。

全試合フル出場、ハードスケジュール、負けられない重圧、キャプテンの責任感など疲労がかなり心配です。

 

橋岡 6.5

身体能力を活かした守備、鋭いクロスなど酒井の代役を十分務めていました。

日本の右サイドからクロスはかなりニュージーランドからすれば脅威だったと思います。

 

【MF】

田中 6.0

鋭いシュートはありましたがそれ以外はあまり目立たず。

長いパスが結構ズレていた印象です。

 

遠藤 6.0

らしくないミスやボール奪取がファウルになるなど、吉田と同じく疲労が心配です。

遠藤が前半の決定的な林のクロスを決めていればもっと楽な試合になっていたと思います。 

 

相馬 6.0

積極的に仕掛けていましたがあまりチャンスを作れず。

 

久保 6.0

「自分が何とかしよう」と悪いときの空回りが出ていた印象です。

あとセットプレーのキッカーは他の選手に譲った方が良い気が・・・ 

 

堂安 5.5

久保と同じく強引に行き過ぎて空回りしていた印象です。

上田へのクロスは惜しかったです。

 

【FW】

林 5.5

前半9分の良いクロスやレスリングのような前線からのプレスなど良いプレーはありましたが、得点に繋がらず。

 

【SUB】

中山 6.5

サイドバックに入って攻守に安定感をもたらしました。

本当は休ませられれば良かったんですが・・・

PKも落ち着いて決めました。

 

上田 5.0

 

ニュージーランドのフィジカルに苦戦していました。

堂安のクロスは決めてほしかったです。

 

板倉 6.0

可もなく不可もなく。

しっかりPKを決めました。

 

三笘 5.0

何もできず。

このチームではもう出番をもらえないかもしれません。

 

 

三好 5.5

延長後半からの出場でしたしニュージーランドに押し込まれる展開が続いたので、あまりボールを触れず。

 

【まとめ】

PKで何とかベスト4進出を決めました。

ニュージーランドが思っていたより強かったですね。

汚いプレーも沢山ありましたが・・・

 

 

そして冒頭にも書きましたが退屈すぎてスマホをいじりながら見ていたので、良いプレーや悪いプレーを見逃しているかもしれません・・・

リアルタイムで見られなかったのであまり集中もできず。

なので採点は適当です。

 

ただ橋岡、中山と大会前は実力を疑問視されていた両サイドバックがかなり良いプレーをしていました。

今日この2人がいなかったら間違いなく負けていたと思います。

本当に頼もしかったです。

少し疲労が心配ですが本当に穴のないチームになってきたと思います。

 

次は半月前に倒したスペインと準決勝で激突!!

熱い試合を期待します。 

 

 

 

 

ドラゴンクエスト メモリアルカードコレクションガムを箱買いしました。全32種+特典カードを開封順に紹介。ドラクエファンにオススメです。

世間は良くも悪くもオリンピックの話題が盛り上がっています。

 

中でも開会式でドラゴンクエストの曲が使用されたことが大きなニュースになっていました。

(僕は男子サッカー以外あまり興味がないので見ていませんが・・・)

 

今日はそのドラゴンクエストのカードが届いたので開封したいと思います。 

ドラクエ好きの自己満足だと思って読んでください。

 

 

【箱買い】

f:id:SAKU39:20210729223940j:plain

こんな箱に入っていました。

カード2枚入りのパッケージが16個と箱買い限定の特典カード1枚が入っています。

 

f:id:SAKU39:20210729223944j:plain

個別のパッケージはこんな感じです。

スーパーやコンビニで個別に買う方はこれを探しましょう。

 

開封

☆特典カード メタルスライムたち

f:id:SAKU39:20210729223948j:plain

まずはいきなりですが箱買いの特典カードから。

メタルスライムたちが あらわれた!」

逃げられる前に魔神斬りをお見舞いしたいですね。

 

ちなみにカードはプラスチック製の半透明カードになっています。

 

キングスライム

f:id:SAKU39:20210729223952j:plain

「もっと やせなきゃなあ・・・」

名前の割にどのシリーズでも印象に残るシーンがないような気がします・・・

のしかかりの威力が弱まっちゃうよ。

 

ドラゴンクエスト

f:id:SAKU39:20210729223956j:plain

シリーズ6作目。

上の世界と下の世界、精神の世界と肉体の世界を行ったり来たりする少し複雑なシリーズ。

シリーズの中で人気上位ではありませんが片方の世界の変化がもう片方の世界に影響を及ぼしたり、上級職などドラクエ3のシステムをパワーアップさせた転職システムなど僕は好きなゲームです。

消費MP0で使える特技が強すぎるってのが世間的にはイマイチらしい・・・

なんとなく容量の関係でアイデアを全部盛り込めなかったような印象を受けるので、もう1度リメイクしてほしいです。

DS版の手抜きリメイクはなかったことにして。

 

キラーマシン

f:id:SAKU39:20210729223959j:plain

「なんと キラーマシンが おきあがり なかまに なりたそうに こちらをみている!」

見た目のデザインとドラクエ5で仲間になったときの強さから人気の高いキラーマシンです。

カッコよくもあり残虐そうでもあり可愛くもある、秀逸なデザイン。

キラーマシングレイトドラゴンを仲間にしようと戦い続けて、エスタークを楽勝で倒せるぐらいまでレベルが上がりすぎるのはあるあるです。

 

ばくだん岩

f:id:SAKU39:20210729224003j:plain

ばくだん岩は メガンテを となえた!」

ずっと笑っているだけなのに急にメガンテで全滅に追い込んでくる恐怖のモンスターです。

遭遇したら速攻で倒しましょう。

たしかリメイク版のドラクエ5では仲間になったと思いますが、まぁ使う人いませんよね・・・

おかずクラブのゆいPに似てるとか似てないとか。

 

メタルスライム

f:id:SAKU39:20210729224006j:plain

「ダンジョンには ワナも いっぱい」

なぜこんなセリフなんでしょう・・・

(派生作品からかな?)

ほとんどの人が最初に出会うであろうボーナス経験値をくれるモンスターです。

出会うタイミング的に攻撃手段は、地道にぶっ叩く、会心の一撃に期待する、毒針、聖水、のどれかだと思います。

HP3だと思って地道に削っていたらHP4のメタルスライムであと一撃のところで逃げられる、はあるあるです。

メタルスライムもリメイク版のドラクエ5で仲間になりますが使う人いないでしょ・・・

 

ドラゴンクエスト

f:id:SAKU39:20210729224010j:plain

シリーズ11作目。

勇者がいるから魔王が現れる、という理不尽な難癖を付けられるストーリー。

ベタですが勇者の下に本当の正義を信じる仲間が集まっていく王道ストーリーは最高でした。

色んな運命の分かれ道も、過去作との繋がりを匂わせるエンディングもとにかく最高。

システム的には目新しさや印象に残るものはないんですが、シナリオからエンディングまでは個人的に最高傑作です。

 

以前、エンディングについての考察も書きました。

www.saku39blog.com

 

 

ギガンテ

f:id:SAKU39:20210729224014j:plain

ギガンテスの こうげき! つうこんの いちげき!」

見た目通り力任せに棍棒をブン回して大ダメージを与えてくる強敵です。

気のせいかもしれませんが回復役をピンポイントで潰してくるイメージ。

最初に集中攻撃で倒しておきましょう。

なぜドラキーが攻撃されているのかは不明です。

 

ドラゴンクエスト

f:id:SAKU39:20210729224018j:plain

シリーズ7作目。

冴えない見た目の主人公、発売日の延期に次ぐ延期、石版集めの難易度、暗いストーリーなど、どちらかと言うとマイナスな評価が多いドラクエです。

個人的にもあまり思い入れのない作品・・・

3DSのリメイク版は評判良いですがキャラがデカすぎて微妙に遊びづらかった思い出。

でもボリュームもありますし単純にRPGとして考えたら十分面白いゲームだと思います。

「キーファはタネ泥棒」という全く共感できないネタが流行りました。

 

スライムナイト

f:id:SAKU39:20210729224022j:plain

スライムナイトは ねむっている」

なぜ?

世間の99%は「スライムナイト=ピエール=頼れる相棒」というイメージだと思うんですが・・・

剣で斬る、イオラで全体攻撃、ベホマで回復とオールマイティーにサポートしてくれます。

カワイイのも良いけどカッコいいカードにしてほしかった・・・

 

ドラゴンクエスト

f:id:SAKU39:20210729224026j:plain

シリーズ5作目。

人気ランキングで常にドラクエ3とトップ争いをしているドラクエシリーズの代表作。

信じられませんが発売当初は不人気だったらしいです。

しかしスーパーファミコン全盛期、ドラゴンボール全盛期と重なり大ヒットとなりました・・・たぶん。

少年時代→結婚→親という主人公の人間としての成長を体験できるストーリー、仲間モンスターシステムなど、常に次が気になるゲームシステムはシリーズトップだと思います。

個人的に1番おすすめのドラクエです。

 

 ⑪大魔王ゾーマ

f:id:SAKU39:20210729224031j:plain

「さあ わが うでの中で 息絶えるがよい!」

なんだか抱きしめてくれそうなセリフですね。

ゾーマ」ではなくて「大魔王ゾーマ」というところが強そうです。

魔王バラモスを倒したと思ったらまさか更に上の大魔王がいるとは・・・と熱くさせてくれる重要なラスボス。

デザインも良いですね。

 

ドラゴンクエスト

f:id:SAKU39:20210729224035j:plain

シリーズ3作目。

たぶん1番人気で1番有名なドラクエだと思います。

転職システムがとにかく楽しいです。

ファミコン版は勇者武闘家僧侶遊び人、スーパーファミコン版以降は勇者盗賊僧侶遊び人でスタートして、最終的に勇者賢者賢者賢者にするのが僕の遊び方でした。

容量の関係で、父親=パンツマスクは悲しすぎました・・・

このソフトの始まりの部分を知っているかどうかでドラクエ11のエンディングでの感動が5倍ぐらい違ってきます。

 

⑬ドラゴン

f:id:SAKU39:20210729224039j:plain

「ドラゴンは おたけびを あげた!」

ドラゴンクエストのドラゴン。

でも影は薄いです・・・

特に思い出もなし・・・

 

⑭キメラ 

f:id:SAKU39:20210729224043j:plain

「キメラは ねむってしまった!」

枝に尻尾を巻き付けて可愛く眠るキメラです。

レベルが低いときに遭遇すると全体攻撃の炎とベホイミで全滅に追い込んでくる難敵。

仲間になったときはベホイミ要員ぐらいでしか使い道がなかった印象。

敵の時は「ベホイミするんじゃねぇ!」と言いたくなります。

 

ベビーサタン

f:id:SAKU39:20210729224048j:plain

ベビーサタンは 武器をうばって にげだした!」

なぜかアークデーモンのフォークを奪って逃げています。

殺されるぞ・・・

このベビーサタンミニデーモンは「イオナズンをとなえた! しかしMPがたりない!」のイメージ。

 

おどるほうせき

f:id:SAKU39:20210729224052j:plain

おどるほうせきは 宝石を みがいている!」

強くはないんですがルカナンメダパニなど厄介な呪文を使ってくるイメージです。

ゴールドをたくさん落としてくれそうな見た目ですがそこまで落としてくれません。

子供の頃ドラクエ5の炎の指輪のボスが倒せなかったので、おどるほうせきメダパニを唱えまくって3匹とも逃げ出させて突破するという強引な技を使いました。

 

ドラキー

f:id:SAKU39:20210729224059j:plain

ドラキーは たのしそうに 飛びまわっている!」

たぶんスライムの次に有名なモンスターだと思います。

だからと言って特に思い出はありません。

 

ドラゴンクエスト

f:id:SAKU39:20210729224106j:plain

シリーズ10作目。

初のオンラインゲームということでドラクエファンから袋叩きにされた作品。

やらず嫌いは勿体ないぐらい熱中できるドラクエなんですが「これ同じことの繰り返しじゃない?」と感じたときに一気に飽きがきます。

セットで安いときに買えば値段以上に楽しめると思います。

 

⑲スライム

f:id:SAKU39:20210729224116j:plain

「スライムが あらわれた!」

説明不要、ドラクエのマスコット的モンスターです。

堀井雄二のドロドロの原画を鳥山明がこのデザインに生まれ変わらせたという、鳥山明の才能を表すエピソードが有名です。

仲間にしてもとにかく弱いのでスライム愛が試されます。

 

去年、ゼリーを作りました。

www.saku39blog.com

 

マドハンド

f:id:SAKU39:20210729224124j:plain

マドハンドは じゃんけんを している!」

ドラクエ5のレベル上げでよく使われていた印象。

レベルが低いときに遭遇すると1匹倒す前にどんどん仲間を呼ばれて意外と追い込まれます。

思い出はそれぐらいです。

 

さまようよろい&ホイミスライム

f:id:SAKU39:20210729224128j:plain

さまようよろいと ホイミスライムは なかよく おどっている!」

どういうシーン??

ホイミスライムはかなり重要なキャラクターだと思うんですが何故かさまようよろいとペア扱い・・・

そりゃあさまようよろいがよく呼ぶけどさ・・・

キメラやマドハンドは1体で1枚のカードなのにホイミスライムがペア扱いはかわいそう。

せめてライアンとのコンビにしてあげてよ・・・

 

ドラゴンクエスト

f:id:SAKU39:20210729223854j:plain

シリーズ4作目。

オムニバス形式の珍しい作品です。

それぞれのキャラクターの背景を掘り下げるストーリーは個人的に好きなんですが、その後オムニバス形式のドラクエが作られなかったということは人気がなかったんでしょうね・・・

勇者、アリーナ(ライアン)、クリフト、ミネア以外のパーティーにした人いるんでしょうか。

またリメイクしてほしいです。

 

㉓破壊神シドー

f:id:SAKU39:20210729223858j:plain

「破壊神シドーが あらわれた!」

ドラゴンクエスト2のラスボスです。

サブタイトルが「悪霊の神々」なので魔王ではなく「破壊神」になっています。

ドラクエ2はスーパーファミコンのⅠ・Ⅱで1回クリアしたぐらいなのであまり思い出がありません・・・

そういえばビルダーズ2の相棒がシドーでしたがどういう関係だったんでしょうか?

クリアしていないので不明です。

 

ドラゴンクエスト

f:id:SAKU39:20210729223902j:plain

シリーズ2作目。

復活の呪文が最大の敵。

今だったらスマホのカメラでパシャリなんですけどね。

万能の勇者はおらず、戦士僧侶魔法使いのようなパーティーで戦います。

スーパーファミコン版の3人の画がカッコ良かったです。

 

はぐれメタル

f:id:SAKU39:20210729223906j:plain

はぐれメタルは おどろき とまどっている!」

ドラクエファンにとって特別な存在のモンスターです。

ドラクエ5で仲間にしたと言う友達はヒーローでしたが、それを確認できたことはありません。

本当だったのか注目を集めるための嘘だったのか、当時はそういうお友達が全国に沢山いたと思います。

はぐれメタルは こちらが みがまえるまえに おそいかかってきた!」

はぐれメタルは にげだした!」

という「今の何だったんだ?」というエンカウントが、はぐれメタルあるあるです。

 

ドラゴンクエスト

f:id:SAKU39:20210729223910j:plain

シリーズ9作目。

人によっては最高傑作、人によっては最低作品。

都会に住んでいた人はすれ違い通信で大盛り上がりだったようですが、僕のような田舎者は全然すれ違えなかったのでブームを満喫できず・・・

人形のような仲間を引き連れて冒険した思い出しかありません・・・

 

㉗ゴーレム

f:id:SAKU39:20210729223914j:plain

「ゴーレムは こちらが みがまえるまえに おそいかかってきた!」

敵よりもドラクエ5での強力な仲間モンスターというイメージのゴーレム。

ただ僕はあまり仲間にしたことが無いので大した思い出はありません・・・

ドラクエ1で町の入り口にいて手こずった印象の方が強いです。

 

ミミック

f:id:SAKU39:20210729223918j:plain

ミミックは 落石で ダメージをうけた!」

画はカワイイですが実際は全然可愛くないモンスター。

宝箱を開ける→ミミックザラキで壊滅、は誰もが一度は経験あると思います。

ドラクエを何作もやっていると「この宝箱あやしい気がする・・・でも開けてみよう」→ミミック→「やっぱりね」というのもよくあります。

宝箱を開ける前にインパスを使う人なんているんですかね?

 

メタルキング

f:id:SAKU39:20210729223922j:plain

「しかし メタルキングには 呪文が きかなかった!」

ドラクエで最も狩られたであろうモンスター、経験値の王様メタルキングです。

見つけた瞬間「お願い!逃げないで!」と神に祈りつつ、全員が武器を力の限りぶん回します。

魔神斬り系の特技が出てきてレベル上げが本当に楽になりました。

 

ドラゴンクエスト

f:id:SAKU39:20210729223925j:plain

シリーズ8作目。

初めて3D視点で作られたドラクエです。

PS2のときはそこまで面白いと思わなかったんですが、リメイクの3DS版は楽しかったです。

でもあまり印象に残っていませんし、何回もやろうとは思いません・・・

なぜだろう・・・

リメイクでゼシカと結婚できるのはグッドです!!

 

㉛闇の覇者 竜王

f:id:SAKU39:20210729223929j:plain

「もし わしの 味方になれば 世界の半分を おまえに やろう。」

記念すべき第1作目のラスボスです。

なんだか違和感があると思ったら、竜王がこのセリフを言うのはこの姿になる前でした。

この竜王を倒すための冒険だからドラゴンクエスト

それから35年って凄いですね。

ちなみにこの竜王の生誕に関するヒントもドラクエ11のエンディングにあったりします。

 

ドラゴンクエスト

f:id:SAKU39:20210729223932j:plain

記念すべきシリーズ第1作目。

狙ったわけではないのですが本当に最後に出てきました。

35年前にこのゲームが生まれていなかったら日本のゲームの歴史は変わっていたかもしれません。

僕はリメイク版でしかプレイしたことはありませんが正直、今プレイしたらリメイク版でもかなり古臭く感じると思います。

ただドラクエ3同様、ドラクエ11のエンディングはドラクエⅠをクリアしているとより感動できます。

ストーリーもかなり短いので暇なときにスマホ版などでクリアすることをオススメします。

 

カードの画が今の技術で描くと↓こんなにカッコ良くなるんだから凄いですね。

f:id:SAKU39:20210708001935j:plain

 

【まとめ】

f:id:SAKU39:20210729223937j:plain

今回はドラクエのカードを箱買いしてみました。

「どうせならリメイク版のパッケージもカードにしてほしかったなぁ」とか「どうせなら全シリーズのボスをカードにしてほしかったなぁ」とか思うところもありましたが、かなり満足いく内容。

 

改めてドラクエのモンスターのデザインって凄いなぁと感じました。

ザコキャラはスッキリしていてカワイイデザイン、ボスキャラはスッキリしているけど凶悪さが分かるデザインとそれぞれに良さがあります。

 

そしてこのボックスの素晴らしいところは1箱買えば(たぶん)全種類コンプリートできるように封入されているところです!

ダブりが1枚もなく1箱で32種類全て揃いました!

 

ドラクエⅫも発表されましたし、ドラクエファンの方で気になる方は無くなる前に買っておきましょう!

 

 

 

 

サッカー 東京五輪グループステージ U-24日本代表 VS U-24フランス代表。個人的採点。

今日は東京オリンピック、サッカーのグループステージ第3戦。

 

日本はここまで2連勝と最高のスタートを切ったのですが今日、大差で負けてしまうと得失点差でグループステージ敗退の可能性もあります。

主力を休ませたいけど、休ませて大敗すると2連勝がパーになるという難しい状況。

 

今日はメキシコに大敗したとは言え、徐々に調子を上げてきている強豪フランスが相手です。

無事にグループステージ突破を決めたのでしょうか。

 

あくまでも日本代表選手の個人的な採点です。


f:id:SAKU39:20210728201510j:image



f:id:SAKU39:20210728201524j:image


採点

U-24日本代表 40 U-24フランス代表

 

6.0が及第点です。

 

【GK】

谷 6.5

見事に完封しました。

前半はジニャックと競り合ったコーナーキックぐらいしか危ない場面はなかったと思います。 

後半のジニャックフリーキックを止めたシーンは見事でした。

他はあまり枠内シュートがなかった印象です。

 

【DF】

中山 6.5

今日はあまりキックの精度がよくありませんでした。

それでも左サイドの守備は危ないシーンを作られることもありませんでしたし、旗手との連係でオーバーラップするシーンもありましたし3点目に繋がったクロスで得点にも絡みました。

右サイドの酒井がガンガン攻撃する分、バランスをとる左サイドバックとして頭を使いながら動いていた印象です。

 

冨安 7.0

板倉も悪くないと思っていたんですがやはり冨安が入ると安心感、安定感が違いますね。

守備時は当たりの強さとスピードで負けることがありませんし、ボールを持ったら正確なロングパスを送ったり自分で持ち上がって全体を押し上げたり。

周りのフォローもあると思いますが、本当に日本史上最高のセンターバックだと思います。 

 

吉田 6.5

前半はボールが上手くミートしなかったりパスがズレたり、ちょっとお疲れかな?という印象。

それでも試合を通して守備時はしっかり相手の攻撃を跳ね返していましたし、冷静に守っていたと思います。

 

酒井 7.0 MOM

今日は調子が良かっただけにイエローカードが痛かったです・・・

それでも攻撃時の推進力や守備時の1対1の強さなどフランスから見ればやっかいな選手だったと思います。

ゴールシーンも右サイドバックがあそこに詰めているなんてとんでもない運動量です。

本当は7.5ぐらいなんですがイエローカードの分、-0.5しました。

 

【MF】

田中 7.0

今日はキープや相手をいなすプレー、パス、攻撃時の飛び出しなど持ち味を遺憾なく発揮していました。

守備時も身体を当てて止めるなど力強かったです。

先制点に繋がった久保へのパスのような、相手の嫌なところへ出す縦パスのセンスはやはり別格だと思います。

 

遠藤 6.5

見事なシュートブロックはありましたが、今日はそこまで目立たなかった印象です。

 

旗手 6.5

豊富な運動量とスピードで左サイドの攻撃も守備も活性化していました。

前半の強烈なシュートも良かったですし、中山との連係も良かったと思います。

後半のヘディングは前の選手でボールが見え辛かったかもしれません。

サイドバックを経験して以前より周りが見えるようになった印象です。

 

久保 7.0

正直、ゴールを決めるまでは目立つプレーはなかった印象ですが決めるべきところでしっかり決めました。

3戦連発はさすがです。

 

堂安 6.0

吉田同様ちょっと疲れているかな?という印象。

ミスもなかったですがあまり印象に残るプレーもなし。

 

【FW】

上田 7.0

ゴールはありませんでしたが、やはりFW陣の中では1番センスを感じます。

前線でのプレスや運動量は林と比べると物足りませんが、タッチの柔らかさやボールの中心をミートしてシュートを枠に飛ばす能力、DFの死角から裏を狙う動きなど単純にFWに求められる能力は上田の方が上だと思います。

3ゴールに絡みましたし次は林とどちらがスタメンか分からなくなりました。

 

 

【SUB】

三好 6.5

大会直前まで色々言われていましたが、やはり得意なポジションでプレーすると技術の高さが発揮されますね。

トップ下や右サイドならば久保や堂安と遜色ないプレーが出来ると思います。

フランスの心を折る見事なゴールでした。 

あの悪質なファウルにはキレていいと思います。

 

橋岡 6.0

出場早々、見事なクロスがありました。 

他にも身体能力を生かした粘り強い守備などフランスの攻撃を抑え込んでいたと思います。

 

板倉 6.0

可もなく不可もなく。

ボランチに入りしっかり試合を締めました。

 

相馬 6.0

あまり時間はありませんでしたが本職じゃない右サイド、自分がアピールしたい場面で欲を出さず見事なアシストでした。

2列目は本当にタレントが揃っています。

 

前田 6.5

相馬のアシストが完璧だったとは言え、得意のスピードを活かして正確なシュートでゴールを奪いました。

何気に3人のFWで唯一のゴールです。

やはり1トップより後ろから飛び出すポジションの方が得意そうなので、林か上田と2トップ気味で起用してみてほしいです。

もう試す時間はありませんが・・・

 

【まとめ】

フランス相手にまさかの4-0で余裕のグループステージ突破です。 

MOMは難しかったですが酒井です。

イエローカードは余計でしたが・・・

 

今日の印象として、やはり個人的には林の献身的な動きより上田のシュートセンスやボールタッチの柔らかさの方が相手にとっては脅威なんじゃないかなぁ、と感じました。 

シュートがあの威力で少しブレ球気味に枠に飛んでくると相手キーパーは弾く可能性が高くなりますし、スピードのある日本の2列目の選手がより生きるような気がします。

 

また相手が格上の場合は左サイドハーフに旗手、左サイドバックに中山もありだと思いました。

2人とも本職じゃない分、お互いに自分が左サイドバックのときにどうフォローして欲しいかを分かってプレーしているような感じで補完性が高かった気がします。

 

それにしても日本の強さは本物ですね。

今日も面白い試合でしたし、本当にメダルを狙えるチームだと思います。

 

次戦は酒井が累積警告で出場できませんが、僕が監督なら冨安を右サイドバックで起用しセンターバックに板倉を使うかなぁ。

 

 

 

 

 

キャプテン翼Ⅲプレイ日記⑱。翼くん不在の全日本ユース。天才ファン・ディアス率いるアルゼンチンユースと対決です。

スーパーファミコンソフト キャプテン翼3プレイ日記18回目。

 

ちょっと間が空きましたが、前回は鉄壁のイタリアユース相手に翼くん負傷退場でどうなることかと思ったら日向くんが駆け付けて逆転勝利という、原作っぽい展開の試合でした。

 

www.saku39blog.com

 

今回もその続きです。

 

【ユニバーサル・ユース 第4試合 全日本ユース VS アルゼンチンユース】

 

f:id:SAKU39:20210714003643j:plain

ユニバーサル・ユース4回戦。

全日本ユースはベスト8をかけてアルゼンチンユースと戦います。

しかしこの試合、翼くんは前の試合で悪化した足首の怪我が原因で欠場です。

 

f:id:SAKU39:20210714003646j:plain

アルゼンチンユースを率いるのはアルゼンチンの至宝ディアスくん

アルゼンチンの10番でこのモジャモジャ頭、あのディエゴ・マラドーナがモデルの選手です。

 

f:id:SAKU39:20210714003650j:plain

翼くんと勝負したかったディアスくん。

 

f:id:SAKU39:20210714003654j:plain

悔しがる翼くん。

聞こえる距離にいるのかな?

 

試合前ミーティング

f:id:SAKU39:20210714003658j:plain

f:id:SAKU39:20210714003701j:plain

ディアスくんしか知りませんが、FWにもDFにも有力選手がいるようです。

 

f:id:SAKU39:20210714003706j:plain

天才と呼ばれるディアスくんをどう封じ込めるかがカギになります。

 

f:id:SAKU39:20210714003710j:plain

翼くんが抜けて日向くんが加わったのでシステムはこんな感じです。

前の試合の後半と同じ。

いつになったらベストメンバーが揃うんだ・・・

 

前半戦キックオフ!!

f:id:SAKU39:20210714003714j:plain

全日本ユースボールでキックオフ!

 

f:id:SAKU39:20210714003717j:plain

先に仕掛けたのは全日本ユース。

この試合はMFで出場している政夫くん前線にパスを出します。

 

f:id:SAKU39:20210714003722j:plain

岬くん「今だ!」

 

f:id:SAKU39:20210714003727j:plain

このボールに合わせるのは岬くん。

ファーストシュートは岬くんのジャンピングボレーだ!

 

f:id:SAKU39:20210714003730j:plain

アルゼンチンユースGKブアジェルくん懸命に飛びつく!

 

f:id:SAKU39:20210714003734j:plain

なんとか弾いた!

このレベルになるとモブキーパーでも必殺シュートを止めてきます。

 

f:id:SAKU39:20210714003737j:plain

押し気味に試合を進める全日本ユース。

今度は三杉くんがディフェンスラインからロングフィード

 

f:id:SAKU39:20210714003229j:plain

日向くんに正確なパスが通った!

 

f:id:SAKU39:20210714003235j:plain

しかし日向くんにはアルゼンチンユースDFガルバンくんがマークに付いています。

 

f:id:SAKU39:20210714003238j:plain

日向くん「どけっ!」

 

f:id:SAKU39:20210714003243j:plain

日向くん、ここは強引なドリブルだ!

 

f:id:SAKU39:20210714003248j:plain

なんとガルバンくんも必殺技を持っていた!

パワータックルだ!

力と力の勝負!!

 

f:id:SAKU39:20210714003251j:plain

ドンッ!!

 

f:id:SAKU39:20210714003254j:plain

あーっと!

日向くん、ボールもろとも吹っ飛ばされた!

パワー勝負はガルバンくんの勝ちだー!!

 

アルゼンチンユースは守りも堅い・・・

 

f:id:SAKU39:20210714003258j:plain

攻め続ける全日本ユース。

翼くんのいないこの試合でゲームメイクを担う岬くんのパス。

 

f:id:SAKU39:20210714003302j:plain

このパスも日向くんに通った!

 

f:id:SAKU39:20210714003306j:plain

日向くん「走れ稲妻!うおォォォーーー!」

 

f:id:SAKU39:20210714003310j:plain

出ました!

ここで日向くん、必殺のライトニングタイガーだ!

 

f:id:SAKU39:20210714003313j:plain

ブアジェルくん懸命に飛ぶ!

 

f:id:SAKU39:20210714003316j:plain

ドンッ!!

 

f:id:SAKU39:20210714003319j:plain

ブアジェルくん吹っ飛ばされたー!

 

f:id:SAKU39:20210714003322j:plain

ゴールネットを突き破った!

ゴ〜〜〜ル!!

 

f:id:SAKU39:20210714003325j:plain

日向くんの強烈なライトニングタイガーがアルゼンチンユースゴールを突き破りました!

翼くん不在で圧倒的不利な展開が予想されていた全日本ユースが先制!

これが日本のエースストライカ日向小次郎の実力です!

 

f:id:SAKU39:20210714003330j:plain

まさかの先制を許したアルゼンチンユース、ディアスくんがボールを運びます。

しかしここは中盤の要、松山くんと岬くんが2人がかりで止めに行きます。

 

f:id:SAKU39:20210714003335j:plain

ディアスくん「行くぞ松山!」

 

f:id:SAKU39:20210714003338j:plain

松山くん「勝負だ!ディアス!」

 

f:id:SAKU39:20210714003341j:plain

松山くんイーグルタックルだ!

 

f:id:SAKU39:20210714003345j:plain

ディアスくんドリブルで抜きにかかる!

 

f:id:SAKU39:20210714003348j:plain

ドンッ!!

 

f:id:SAKU39:20210714003352j:plain

松山くん、ディアスくんを吹っ飛ばしてボールを奪った!

天才と闘将のぶつかり合いは闘将松山くんに軍配が上がりました!

 

f:id:SAKU39:20210714003356j:plain

ボールを奪った松山くん、どう展開するのでしょうか。

 

f:id:SAKU39:20210714003401j:plain

松山くん「ここだ!ここで決めるんだ!!」

 

f:id:SAKU39:20210714003404j:plain

なんと松山くん、ハーフライン手前から思い切ってイーグルショットだ!

 

f:id:SAKU39:20210724202820j:plain

ボールはゴールへ一直線!!

 

f:id:SAKU39:20210714003408j:plain

アルゼンチンユースGKブアジェルくん飛びついた!

 

f:id:SAKU39:20210714003412j:plain

惜しくも届かなーい!

 

f:id:SAKU39:20210714003417j:plain

バインッ!!

あっと!

これはゴールポスト直撃!

 

f:id:SAKU39:20210714003420j:plain

しかし跳ね返ったボールに全日本ユースの選手が詰めている!

新田くんがヘディングで押し込んだ!

 

f:id:SAKU39:20210714003423j:plain

ゴ〜〜〜ル!!

 

f:id:SAKU39:20210714003427j:plain

全日本ユース、新田くんのヘディングで追加点を挙げました!

新田くん、松山くんのシュートの跳ね返りを予測した見事な反応!

なんと全日本ユースが2点リードという展開です!!

 

f:id:SAKU39:20210714003430j:plain

2点のハンデを背負ったアルゼンチンユース。

やはり天才ディアスくんにボールを集めます。

しかしここは待ってましたと言わんばかりに次藤くんと松山くんが待ち受けます。

 

f:id:SAKU39:20210714003433j:plain

次藤くん「吹っ飛ばしてやるタイ!!」

 

f:id:SAKU39:20210714003438j:plain

次藤くんここはパワータックルだ!

 

f:id:SAKU39:20210714003441j:plain

ディアスくん、ここはパスを選択です。

次藤くんのタックルをかわした!

 

f:id:SAKU39:20210714003444j:plain

ディアスくんパス!

 

f:id:SAKU39:20210714003447j:plain

ブラジルでは翼くんのチームメイト、バビントンくんダイレクトで返します。

 

f:id:SAKU39:20210714003450j:plain

ボールはディアスくんの目の前へ。

しかしここには早田くんがマークについている!

 

f:id:SAKU39:20210714003459j:plain

ディアスくん「俺が天才ファン・ディアスだァー!」

 

f:id:SAKU39:20210714003504j:plain

ディアスくん前方へ飛んだ!

 

f:id:SAKU39:20210714003508j:plain

これはディアスくんの前転シュートだ!

正確には前方倒立回転跳びかハンドスプリングだと思いますが細かいことは気にしない!

 

f:id:SAKU39:20210714003512j:plain

予想外のシュートに若林くんの反応が遅れた!

懸命に飛びつく!

 

f:id:SAKU39:20210714003516j:plain

だが届かなーい!

 

f:id:SAKU39:20210714003521j:plain

ゴーーール!!

 

f:id:SAKU39:20210714003525j:plain

ディアスくん、まるで体操競技かのような前回転から踵でのシュートで1点を返しました!

これにはさすがの若林くんも意表を突かれたか触ることさえ出来ず!

恐るべき発想と身体能力!

これがアルゼンチンの天才ファン・ディアスくんです!

 

f:id:SAKU39:20210714003529j:plain

それでも優位に試合を進める全日本ユース。

岬くんがゲームメイクします。

しかしここはサトルステギくん、ディアスくん、パスカルくんのアルゼンチンユースの主力3人が取り囲んだ!

岬くんどうする!?

 

f:id:SAKU39:20210714003533j:plain

ここは岬くん、ドリブルを仕掛けます!

 

f:id:SAKU39:20210714003537j:plain

サトルステギくんのタックルは難なくかわした!

 

f:id:SAKU39:20210714003540j:plain

岬くん「行くぞディアス!」

 

f:id:SAKU39:20210714003543j:plain

ディアスくん「勝負だ!岬!」

 

f:id:SAKU39:20210714003547j:plain

ディアスくんスライディング!

 

f:id:SAKU39:20210714003551j:plain

岬くん、ディアスくんのスライディングもかわした!

 

f:id:SAKU39:20210714003554j:plain

ディアスくん「くっ!!」

 

f:id:SAKU39:20210714003558j:plain

岬くん「行くぞパスカル!」

 

f:id:SAKU39:20210714003603j:plain

パスカルくん「ここは通さねェ!」

 

f:id:SAKU39:20210714003605j:plain

パスカルくんスライディング!

 

f:id:SAKU39:20210714003609j:plain

岬くん、パスカルくんのスライディングもかわしたー!

なんと岬くん1人でアルゼンチンユースの主力3人を抜き去りました!

これがフィールドのアーティスト岬くんです。

 

f:id:SAKU39:20210714003612j:plain

パスカルくん「くっ!!」

 

f:id:SAKU39:20210714003615j:plain

岬くんパスを出します。

 

f:id:SAKU39:20210714003618j:plain

政夫くんダイレクトで岬くんに返します。

 

f:id:SAKU39:20210714003621j:plain

岬くん「今だ!」

 

f:id:SAKU39:20210714003624j:plain

岬くん得意のジャンピングボレー!!

 

f:id:SAKU39:20210714003628j:plain

アルゼンチンユースGKブアジェルくん懸命に飛ぶ!!

 

f:id:SAKU39:20210714003632j:plain

かろうじて弾いた!!

岬くんの華麗な突破から流れるようなジャンピングボレーでしたが惜しくもゴールならず!

 

その後はお互い中盤での攻防が続き・・・

 

f:id:SAKU39:20210714003635j:plain

ピッピー!!

そのまま前半終了。

 

f:id:SAKU39:20210714003639j:plain

試合前は劣勢と予想されていた全日本ユースの1点リードで折り返しです。

全日本ユースが突き放すのか、アルゼンチンユースが追いつくのか、後半の試合展開に注目です。

 

後半戦キックオフ!! 

f:id:SAKU39:20210715002833j:plain

アルゼンチンユースボールで後半開始です。

 

f:id:SAKU39:20210715002836j:plain

いきなりイベントシーンが始まりました。

ディアスくんドリブル突破!

 

f:id:SAKU39:20210715002840j:plain

岬くん「くっ!!」

 

f:id:SAKU39:20210715002844j:plain

日向くん「な・なにィ!」

画像だけだとよく分かりませんが、たぶんドリブルスピードの速さに驚いています。

 

f:id:SAKU39:20210715002847j:plain

ディアスくんパス!

 

f:id:SAKU39:20210715002850j:plain

たぶんパスカルくんがダイレクトで返す!

 

f:id:SAKU39:20210715002854j:plain

このボールにディアスくんが飛びついた!

 

f:id:SAKU39:20210715002858j:plain

ディアスくんいきなり前転シュートだ!

 

f:id:SAKU39:20210715002901j:plain

前半は反応が遅れた若林くん、今度はしっかり反応している!

 

f:id:SAKU39:20210715002905j:plain

ギリギリで弾き出した!

キックオフからアルゼンチンユースの意表を突く速攻でしたが何とか凌ぎました。

 

f:id:SAKU39:20210715002908j:plain

翼くん「これだ!!」

このプレーを見て翼くんが何かを思いついたようです。

 

 

f:id:SAKU39:20210715002928j:plain

全日本ユースの反撃。

ボールを運んだ岬くんが前線へパス!

 

f:id:SAKU39:20210715002932j:plain

エースストライカー日向くんにパスが通った!

 

f:id:SAKU39:20210715002935j:plain

日向くん「くらえアルゼンチンユース!これが俺のネオタイガーショットだ!」

 

f:id:SAKU39:20210715002939j:plain

日向くん後半最初のシュート!

ネオタイガーショットだ!

※ライトニングタイガーかネオタイガーか迷って選んだこの選択が、後々試合の結果を大きく左右します。

 

f:id:SAKU39:20210715002942j:plain

日向くん、本日2点目を狙う!

 

f:id:SAKU39:20210715002946j:plain

アルゼンチンユースGKブアジェルくん飛びついた!

 

f:id:SAKU39:20210715002951j:plain

かろうじて弾いた!

ブアジェルくんこれ以上点は与えられません!

 

f:id:SAKU39:20210715002954j:plain

しかしこれは全日本ユースのコーナーキックになります。

まだチャンスは続きます。

 

f:id:SAKU39:20210715002957j:plain

岬くん中に上げた!

 

f:id:SAKU39:20210715003001j:plain

このボールに合わせるのは政夫くん。

しかしここにはアルゼンチンユースDFアムレートくんがマークに付いている!

 

f:id:SAKU39:20210715003005j:plain

次藤くん「立花!飛べタイ!!」

 

f:id:SAKU39:20210715003008j:plain

立花兄弟「頼むぞ次藤!」

 

f:id:SAKU39:20210726163618j:plain

これは立花兄弟のスカイラブツインシュートだ!

 

f:id:SAKU39:20210715003012j:plain

立花兄弟「行けぇーーー!!」

 

f:id:SAKU39:20210715003017j:plain

アムレートくんシュートを読んでいた!

ブロックに行く!

 

f:id:SAKU39:20210715003022j:plain

なんとアムレートくん、この強烈なシュートをトラップした!

やはりアルゼンチンユース、どの選手も基本技術のレベルが高い!

 

ここからはお互い中々チャンスを作れないまま時間が経過。

全日本ユースの勝利が頭をよぎり始めた後半残り10分、試合が動きます。

 

f:id:SAKU39:20210715003026j:plain

後半24分、アルゼンチンユースの攻撃。

ディアスくんを中心に攻めあがります。

ディアスくんパスを出した!

 

f:id:SAKU39:20210715003029j:plain

パスカルくんリターン。

 

f:id:SAKU39:20210715003033j:plain

ボールはディアスくんの前方へ。

しかしここには三杉くんがマークに付いている!

 

f:id:SAKU39:20210715003037j:plain

ディアスくん向かっていく!!

 

f:id:SAKU39:20210715003040j:plain

三杉くんブロックに行く!!

 

f:id:SAKU39:20210715003043j:plain

ディアスくん「俺が天才ファン・ディアスだァー!」

 

f:id:SAKU39:20210715003047j:plain

三杉くんのブロックは間に合わない!

ディアスくん得意の前転シュートだ!

 

f:id:SAKU39:20210715003050j:plain

若林くん懸命に飛びついた!

 

f:id:SAKU39:20210715003053j:plain

だがわずかに届かなーい!

 

f:id:SAKU39:20210715003058j:plain

ゴーーール!!

 

f:id:SAKU39:20210715003101j:plain

後半残り10分、アルゼンチンユースが天才ディアスくんのゴールで同点に追い付きました!

ディアスくん、チームの危機を救う見事なゴール!!

全日本ユースは何とか耐えてきましたが追い付かれてしまいました。

 

 

f:id:SAKU39:20210715003106j:plain

完全に勢いに乗るアルゼンチンユース、逆転を狙って攻め続けます。

パスカルくんパスを出した!

 

f:id:SAKU39:20210715003109j:plain

ディアスくんダイレクトで返す!

 

f:id:SAKU39:20210715003113j:plain

パスカルくん戻ってきたボールをもう一度戻した。

 

f:id:SAKU39:20210715003116j:plain

ボールはディアスくんのもとへ。

 

f:id:SAKU39:20210715003120j:plain

ディアスくん「よし!行くぞ!!」

ディアスくん気合を入れた!

※これは「天才の証明」と言って、このセリフが出たら試合終了までディアスくんの能力が大幅にアップするらしいです。

 

f:id:SAKU39:20210715003124j:plain

抜け出したディアスくん、若林くんと1対1に持ち込んだ!

 

f:id:SAKU39:20210715003128j:plain

ディアスくんドリブルで抜きにかかる!

 

f:id:SAKU39:20210715003132j:plain

若林くん飛び出した!

 

f:id:SAKU39:20210715003135j:plain

ディアスくん若林くんをかわしたー!

 

f:id:SAKU39:20210715003140j:plain

そのままシュート!!

 

f:id:SAKU39:20210715003146j:plain

ゴーーール!!

後半残り4分、ついにアルゼンチンユースが逆転しました!

ディアスくんハットトリック!!

まさに天才!

1人で試合をひっくり返しましたー!!

 

f:id:SAKU39:20210715003150j:plain

ディアスくん「見たか!!俺が天才ファン・ディアスだァー!」

 

 

f:id:SAKU39:20210715003214j:plain

残り時間は1分を切りました。

アルゼンチンユースは守りに入らず最後まで攻め切る作戦のようです。

バビントンくんパス!

 

f:id:SAKU39:20210715003218j:plain

ボールはサトルステギくんの上空へ。

三杉くん止められるか!?

 

f:id:SAKU39:20210715003221j:plain

サトルステギくんと三杉くんが同時に飛んだ!!

 

f:id:SAKU39:20210715003224j:plain

三杉くん競り勝ちました!

このボールをクリアーだ!

 

f:id:SAKU39:20210715003228j:plain

このボールを拾ったのは石崎くんです。

全日本ユース最後の攻撃。

石崎くん前線へロングパス!

 

f:id:SAKU39:20210715003231j:plain

このパスを受けたのは和夫くん。

しかしアルゼンチンユースゴールまでかなり距離があります。

 

f:id:SAKU39:20210715003235j:plain

和夫くん「兄ちゃん!」

 

f:id:SAKU39:20210715003238j:plain

政夫くん「行くぞ和夫!」

 

f:id:SAKU39:20210715003241j:plain

出ました!

これは立花兄弟の連続ワンツージェミニアタックです!

 

f:id:SAKU39:20210715003245j:plain

抜群のコンビネーションで次々とアルゼンチンユースディフェンス陣を突破していく!

あっという間に置き去りにします!

 

f:id:SAKU39:20210715003248j:plain

ボールは和夫くんの頭上へ。

中を確認しますが日向くんも新田くんもまだ追いついていない!

 

f:id:SAKU39:20210715003251j:plain

政夫くん「いつまでも日向や翼に頼るな!行くぞ!和夫!俺たちの空中技!」

 

f:id:SAKU39:20210715003256j:plain

これは立花兄弟、自分たちだけでゴールを狙いに行く!

 

f:id:SAKU39:20210715003300j:plain

立花兄弟のスカイラブハリケーンだ!!

 

f:id:SAKU39:20210715003303j:plain

和夫くん渾身のヘディングを叩きつけた!!

 

f:id:SAKU39:20210715003306j:plain

ブアジェルくん反応している!

飛びついたー!

 

全日本ユース同点に追い付くか!?

ブアジェルくんがセーブしてアルゼンチンユースの勝利か!?

 

 

f:id:SAKU39:20210715002729j:plain

スカッ!!

 

f:id:SAKU39:20210715002733j:plain

ブアジェルくん届かなーい!

 

f:id:SAKU39:20210715002736j:plain

ゴ~~~ル!!

 

f:id:SAKU39:20210715002741j:plain

後半ロスタイム、全日本ユースが試合終了間際に同点に追い付きました!

決めたのは立花和夫くん!

兄の政夫くんと2人だけでアルゼンチンユース守備陣を突破しゴールを奪いました!!

翼くんや日向くんだけじゃなくどこからでも得点を奪えるのが全日本ユースの強みです。

 

f:id:SAKU39:20210715002745j:plain

ピッピッピー!!

そしてここで後半終了のホイッスルです。

 

f:id:SAKU39:20210715002748j:plain

後半はアルゼンチンユースがディアスくんの個人技で一時は逆転するが、全日本ユースが終了間際のゴールで同点に追い付くという展開でした。

ほぼ互角の勝負のこの試合。

決着は延長戦に持ち越されます。

 

延長戦前半キックオフ!!

f:id:SAKU39:20210715002751j:plain

前後半15分ハーフの延長戦。

全日本ユースボールでスタートです。

 

f:id:SAKU39:20210715002755j:plain

まずは政夫くんがボールを運びます。

ここにはバレリーくんが付いた!

 

f:id:SAKU39:20210715002759j:plain

政夫くん「行くぞ和夫!」

 

f:id:SAKU39:20210715002803j:plain

和夫くん「兄ちゃん!」

 

f:id:SAKU39:20210715002806j:plain

これはまたも立花兄弟のジェミニアタックだ!

 

f:id:SAKU39:20210715002810j:plain

中々対応できないアルゼンチンユース、ここも次々と突破されていく!

 

f:id:SAKU39:20210715002816j:plain

政夫くん「行くぞ!和夫!俺たちの空中技!」

 

f:id:SAKU39:20210715002819j:plain

これは後半ロスタイムにゴールを奪った形と同じパターンだ!

立花兄弟のジェミニアタックからスカイラブハリケーンだー!!

 

f:id:SAKU39:20210715002823j:plain

今度は政夫くんが高い打点からヘディングで叩きつける!

 

f:id:SAKU39:20210715002827j:plain

ブアジェルくん必死に飛びつく!

 

f:id:SAKU39:20210715002830j:plain

今度はかろうじて弾いた!

ブアジェルくんも意地があります!

 

f:id:SAKU39:20210715205139j:plain

今度はアルゼンチンユースの攻撃。

久々にボールを持ったディアスくんパス!

 

f:id:SAKU39:20210715205142j:plain

相棒パスカルくんリターン!

 

f:id:SAKU39:20210715205147j:plain

ディアスくんにボールが戻る。

 

f:id:SAKU39:20210715205152j:plain

あっという間に若林くんと1対1だ!

 

f:id:SAKU39:20210715205158j:plain

ディアスくん「行けーーー!」

 

f:id:SAKU39:20210715205202j:plain

ディアスくんここはドライブシュートだ!!

 

f:id:SAKU39:20210715205205j:plain

若林くん飛び出した!!

 

f:id:SAKU39:20210715205210j:plain

これはディアスくんのシュートが一瞬早い!

若林くんシュートを触れなーい!!

 

f:id:SAKU39:20210715205213j:plain

ゴーーール!!

 

f:id:SAKU39:20210715205217j:plain

延長前半7分、アルゼンチンユースがまたもディアスくんの個人技でリードを奪いました!!

試合が進むごとにギアが上がっている印象さえ受けるディアスくん、見事なドライブシュートを決めました!

天才の名に違わぬプレーです。

 

f:id:SAKU39:20210715205221j:plain

全く試合をあきらめていない全日本ユース。

しかし頼みの日向くんが徹底マークにあい中々パスを通せません。

ここはまたも立花兄弟がボールを運びます。

 

f:id:SAKU39:20210715205225j:plain

和夫くん「兄ちゃん!」

 

f:id:SAKU39:20210715205229j:plain

政夫くん「行くぞ和夫!」

 

f:id:SAKU39:20210715205232j:plain

ここも立花兄弟のジェミニアタックだ!

 

f:id:SAKU39:20210715205235j:plain

南米では珍しい高速のパス交換。

アルゼンチンユースはまだ対応できません!

 

f:id:SAKU39:20210715205242j:plain

立花兄弟「行くぞ!和夫!俺たちの空中技!」

 

f:id:SAKU39:20210715205246j:plain

立花兄弟の必勝パターン!

今日3度目のジェミニアタックからスカイラブハリケーンだ!

 

f:id:SAKU39:20210715205249j:plain

和夫くん「行けーーー!」

 

f:id:SAKU39:20210715205252j:plain

ガルバンくん「何度も同じ技にやられてたまるかー!!」

アルゼンチンユース守備の要、ガルバンくんブロックに行く!

 

f:id:SAKU39:20210715205256j:plain

ガルバンくんこのシュートをトラップだ!

立花兄弟、スカイラブハリケーンを見せすぎたか!?

全日本ユース得点ならず!

 

f:id:SAKU39:20210715205302j:plain

延長前半ロスタイム、ディアスくんが追加点を狙いに行きます。

しかしここは次藤くんが止めに行く!

 

f:id:SAKU39:20210715205306j:plain

ディアスくん「行くぞ次藤!」

 

f:id:SAKU39:20210715205310j:plain

次藤くん「抜かせんタイ!!」

 

f:id:SAKU39:20210715205313j:plain

次藤くんパワータックルだ!

 

f:id:SAKU39:20210715205316j:plain

ディアスくん得意のドリブル!

 

f:id:SAKU39:20210715205320j:plain

ディアスくんかわしたー!

これは誰にも止められない!!

 

f:id:SAKU39:20210715205324j:plain

次藤くん「いかんタイ!!」

 

f:id:SAKU39:20210715205329j:plain

ピッピー!!

しかしここで延長前半。

 

f:id:SAKU39:20210715205333j:plain

アルゼンチンユースの1点リードで延長後半を向かえます。

 

延長戦後半キックオフ!!

f:id:SAKU39:20210715205337j:plain

アルゼンチンユースボールで延長後半スタートです。

 

f:id:SAKU39:20210715205341j:plain

死力を尽くす両チーム。

延長後半は早く追い付きたい全日本ユースと何とか守り抜きたいアルゼンチンユースの意地と意地がぶつかり合います。

 

松山くんがボールを奪いますが・・・

 

f:id:SAKU39:20210715205048j:plain

アルゼンチンユースも奪い返し・・・

 

f:id:SAKU39:20210715205051j:plain

今度は全日本ユースが奪い返しますが・・・

 

f:id:SAKU39:20210715205055j:plain

アルゼンチンユースも必死に守ります。

激しい中盤での攻防。

徐々に時間が無くなっていきます。

 

f:id:SAKU39:20210715205100j:plain

延長後半残り5分、全日本ユースの攻撃。

ボールを受けた新田くんパスを出した!

 

f:id:SAKU39:20210715205105j:plain

松山くんダイレクトで返す!

 

f:id:SAKU39:20210715205110j:plain

新田くん「これで決める!隼ボレーシュートだ!

 

f:id:SAKU39:20210715205116j:plain

新田くん、渾身のボレーシュートだ!!

 

f:id:SAKU39:20210715205121j:plain

ガルバンくんこのシュートをブロックしに行く!!

 

f:id:SAKU39:20210715205124j:plain

弾いた!

新田くんの隼ボレーシュートも通用せず!!

 

そして・・・

f:id:SAKU39:20210715205130j:plain

ピッピッピー!!

ここで試合終了のホイッスルです!!

 

f:id:SAKU39:20210715205134j:plain

一度は2点リードを奪った全日本ユース、アルゼンチンユースに逆転負けです!!

やはり翼くん不在の影響が大きい!

アルゼンチンの天才ファン・ディアスくんを止められませんでした!

 

 プレイ日記19へ続く・・・

 

【まとめ】

ゼルダの新作を買ったりオリンピックのサッカーを見たりで間が空いてしまいましたが、今回は翼くん不在の中でのアルゼンチンユースとの試合でした。

2点リードまでは大したことないかと思ったんですが、ディアスくんが「天才の証明」を使ったあたりからかなり劣勢になりました。

ロシアW杯のベルギー戦のような逆転負け。

 

振り返ると日向くんがネオタイガーショットを弾かれたシーンで、残りガッツを気にせずライトニングタイガーを打っておけば延長に突入せずに勝てていたかもしれません。

僕の判断ミスです・・・

 

次はいつもどおりレベルが上がっての再戦になるのでボコボコにできると思います。

オリンピックが終わるまでに完結できるかなぁ・・・

 

 

 

 

サッカー 東京五輪グループステージ U-24日本代表 VS U-24メキシコ代表。個人的採点。

 今日も東京オリンピックサッカー日本代表の試合がありました。

 

今日はグループステージ第2戦。

最大の敵と言われているU-24メキシコ代表との試合でした。

 

ここで勝てばグループステージ突破がかなり近づく重要な試合。

 

あくまでも日本代表選手の個人的な採点です。


f:id:SAKU39:20210725190621j:image


f:id:SAKU39:20210725190634j:image

採点

U-24日本代表 21 U-24メキシコ代表

 

6.0が及第点です。

 

【GK】

谷 6.5

失点シーンはブラインドになって処理が難しかったと思います。

ロスタイムにチームを救うスーパーセーブがありました。

あと後半の板倉と中山がお見合いしたシーンは谷がコーチングするべきだったと思います。

 

【DF】

中山 6.5 

守備では早めにプレッシャーをかけ前でボールを奪うシーンが多くメキシコの攻撃を潰していたと思います。

マッチアップした10番のライネスにも仕事をさせませんでした。

攻撃でも相馬へのパスや連係でのタイミングの良い飛び出しなど効果的な動きをしていました。

かなり安定した左サイドバックになってきたと思います。

今日の出来でも批判する人はいるんだろうな・・・

 

板倉 6.5

前回と違ってこの試合は板倉が相手のFWをマークするシーンが多かったんですが、しっかり抑え込んでいたと思います。

守備に粘りがありました。 

 

吉田 6.5

今日はどちらかというとカバーリングをすることが多く、そこまで目立つシーンはなかったと思います。

ボールを持ったときもメキシコの寄せの速さを考えて無理をしないなど、落ち着いていました。

 

酒井 6.5

守備ではマッチアップしたベガにほぼ負けなかったと思います。

攻撃でも先制点に繋がった堂安への縦パスやオーバーラップなど、相変わらずパワフルなプレーで攻撃に勢いをつけていました。

 

【MF】

田中 6.0

今日は横にいた遠藤が良すぎたのであまり目立ちませんでした。 

 

遠藤 7.5

今日は凄すぎました。

得意のボール奪取に加え、ドリブルでの前への推進力などまさに日本の心臓だったと思います。

今日は本当に理想のボランチ像だったと思います。 

 

相馬 6.0

鋭い突破から2点目に繋がるPKを獲得しました。

そのあとは守備に追われるシーンが増えましたが、献身的な走りでメキシコに思うようなプレーをさせませんでした。

 

久保 7.5 MOM

堂安のクロスを完璧に決めました。

今日は堂安とのコンビネーションもドリブル突破もキレキレでした。

試合を重ねるごとに何かをやってくれそうなオーラが出てきた気がします。

 

堂安 7.0

久保同様、今日はキレキレでした。

久保へのアシスト、真ん中をぶち抜くPK、相手のレッドカードを誘う飛び出しと身体の強さなど、見どころの多い試合でした。

 

 

【FW】

林 5.5

う〜ん、評価が難しい選手です。

何度か良いポストプレーや守備がありましたが、さすがにもうそれでは物足りないというか何というか・・・

チームの戦術や役割があるとは言え、ゴールを決めるのがFWの仕事なのでゴールが欲しいです。

今は勝てているから良いですが、ギリギリの勝負になったときに「あのシュートを決めていれば・・・」とならないことを願います。

 

 

【SUB】

前田 5.5

う〜ん、速さを活かすシーンはあまりなし。

手を使ってファウルをとられるシーンばかりだった印象です。

 

上田 5.5

あまりボールを触れず。

 

三笘 5.5

時間もあまりありませんでしたが、なぜかこのチームだと輝けません・・・

 

【まとめ】

かなり押し込まれましたがグループリーグ最大の敵と思われるメキシコに見事な勝利でした。

早い時間にいきなり2点リードを奪えたのがラッキーでした。

 

それにしてもこの試合は久保と堂安と遠藤が凄かったです。 

セットプレーから失点はありましたが守備陣もメキシコの猛攻を良く凌いだと思います。

 

MOMは遠藤と迷いましたが、やはり早い時間の先制点の価値を考えて久保にしました。

 

得失点差の関係でフランス戦は負けてもグループステージ突破の可能性は高いんですが、最後まで気を抜かずしっかりと決勝トーナメントに進んでほしいです。

 

 

 

 

 

サッカー 東京五輪グループステージ U-24日本代表 VS U-24南アフリカ代表。個人的採点。

ついに開会式に先駆けて男子サッカーの東京オリンピックが始まりました。

 

初戦の相手は南アフリカ

コロナで試合ができるかどうかという状況でしたが何とか開催されました。

 

少し意外なスタメンで始まった日本代表の戦い。

あくまでも個人的な採点です。


f:id:SAKU39:20210722195635j:image

 


f:id:SAKU39:20210725185119j:image

採点

U-24日本代表 10 U-24南アフリカ代表

 

6.0が及第点です。

【GK】

谷 6.0

前半終了間際のコーナーキックはヒヤッとしましたが上手くパンチングで弾き出しました。

後半も1本、正面で止めたシュートはありましたが全体を通して枠内に飛んでくるシュートは少なかったと思います。

 

【DF】

中山 6.0

前半はボールを受けるときの身体の向きが気になりました。

中か後ろに戻すことを第一に考えているような受け方でしたので、中山にボールが回ると攻撃がワンテンポ遅れます。

ただ後半はしっかり修正していましたし、試合を通してクロスの精度は高かったです。

いなくなった途端に左サイドからピンチが続いたので守備でも効いていたんだと思います。

プレーを見ずに名前だけで批判している人が多いよなぁ・・・と感じます。

 

板倉 6.5

あまりピンチというシーンはありませんでしたが吉田と一緒に冷静に守っていました。

 

吉田 6.5

守備だけでなくボールを持ってラインを押し上げたり前線へボールを送ったり、貫禄のあるプレーでした。

安心して見ていられます。

 

酒井 6.0

相変わらず馬力のあるプレーで守備では激しくボールを奪い攻撃では相手を揺さぶっていました。

ただちょっと周囲と連係がズレていた印象でクロスの精度もイマイチでした。

 

【MF】

田中 6.0

可もなく不可もなくという感じ。

久保のゴールに繋がったパスはありましたが、あまり局面を変えるほどのプレーはなかった印象です。

 

遠藤 6.0

相手がカウンターかロングボールの2択という戦術でしたのであまり中盤で潰すというシーンはありませんでした。

効果的な長いパスをよく出していたと思いますが、今日はらしくないパスミスも多かった気がします。

 

三好 6.5

久保や堂安と上手くポジションチェンジをしながらチャンスを作っていました。

前半は惜しい飛び出しもありましたし、弾かれたシュートも相手のキーパーのファインセーブだったと思います。

もう少し見ていたかったです。

 

久保 7.0 MOM

かなり激しくマークされていました。

中々ドリブルで抜けずイライラするシーンが見られましたが、見事に得意なカタチからゴールを奪いました。

この勢いでゴールを量産してほしいです。

 

堂安 5.5

う〜ん・・・随所に上手いプレーはありましたがそこまで印象に残るプレーはありませんでした。

正直、相馬を入れるときに三好より堂安を変えるべきだと思いました。

 

【FW】

林 5.5

あまりスペイン戦で見せたようなポストプレーはありませんでしたが、反転からのシュートなど積極的にゴールを狙う姿勢は良かったと思います。

相手にぶつかっても痛がったりしないのも良いですね。

ただここにきてシュート精度の低さが目に付き始めました。

あとオフサイドラインから飛び出したりオフサイドにならないように平行に動いたりというギリギリでの駆け引きは苦手なような気がします。

 

【SUB】

相馬 5.5

何度かサイドから仕掛けましたがチャンスは作れず。

もう少し中へのカットインを使ってみても良い気がします。

 

上田 5.5

まだコンディションが上がっていない感じです。

林の決定力が怪しいので次はスタメンかもしれません。

 

旗手 5.5

南アフリカのスピードに意表を突かれたのか試合のリズムに乗れなかったのか、出場からいきなり連続で左サイドからチャンスを作られてしまいました。

スペインとの試合ではかなり良かったんですが途中出場は苦手なんですかね?

個人的には左サイドバックで経験を積んでほしいので使い続けてほしいです。

 

町田 ー

 

 

時間なし。 

 

【まとめ】

正直、退屈な試合でした。

コロナのゴタゴタで南アフリカはボロボロのコンディションなんじゃないかと思っていたんですが、意外と普通にプレーしていてビックリしました。

 

まぁ初戦ですし無観客ですし難しい試合だったと思います。 

内容が良かろうが悪かろうが勝ち点3は勝ち点3なので、とりあえず勝って良かったです。

 

次はグループステージの山場メキシコ戦です。

今日より熱い試合になることを期待します。

 

 

 

 

サッカー U-24強化試合 U-24日本代表 VS U-24スペイン代表。個人的採点。

今日は東京オリンピック直前最後の親善試合、U-24日本代表とU-24スペイン代表の試合がありました。

 

U-24スペイン代表のメンバーはあまり知らないんですが優勝候補筆頭らしいです。

日本も今日の試合のスタメンが本大会の主力になると思います。

 

U-24日本代表の本当の実力が試される試合。

あくまでも個人的な採点です。


f:id:SAKU39:20210717185555j:image

 


f:id:SAKU39:20210717185615j:image

 

採点

U-24日本代表 11 U-24スペイン代表

 

6.0が及第点です。

【GK】

谷 6.5

スペインの猛攻をしっかり防いでいました。

前回の試合のあと結構叩かれていましたが、やっぱりキーパーは多少押されている試合の方がリズムが掴めて調子が上がるんだと思います。

 

【DF】

旗手 6.5

攻撃時は後方でフォローしたり中に入ったり、気の利いたポジショニングで相馬をしっかりフォローしていたと思います。

守備も持ち前のスピードとスタミナでしっかり食らいついていきますし、全然問題ないと思います。

凄く良い選手になったと思いますしオリンピックが終わったらA代表の左サイドバックで見てみたいです。

 

冨安 6.5

スペインの怒涛の攻撃をしっかりはね返していました。

本番に向けて徐々に調子を上げてきた印象です。

 

吉田 6.5

粘り強い守備、チームに与える安心感などいつも通りでした。

 

酒井 6.5

激しい守備でスペインを苦しめていたと思います。

吉田からのパスをダイレクトで上げたクロスなど攻撃でもチャンスを作っていました。

 

【MF】

板倉 5.5

このレベルになると高さ以外通用しませんでした。

パスミスも多く遠藤、田中のバックアッパーとしてはかなり物足りない内容でした。

 

遠藤 6.5

スペインの攻撃力の前に守備の比重が大きくなりましたが、潰すべきところで潰すという遠藤らしい守備が効いていたと思います。

板倉が頼りなかっただけにそっちのケアにかなり気を使っている印象でした。

 

相馬 6.5

左サイドから何度もチャンスを作っていました。

後半はスタミナが切れていたかもしれませんが、それでもボールを持ったらアグレッシブに仕掛けていました。

 

久保 6.5

スペインの選手がみんなデカかったので正面突破はフィジカル面で苦戦していましたが、堂安へのアシストのシーンのように背負ったシーンでは身体の使い方やターンの技術などらしいプレーがありました。

後半は周りと合わなくなってパスミスが目立ちました。

 

堂安 7.0 MOM

ゴールシーンは思わず声が出ました。

前回と同じくチャンスメイクやボールタッチは久保の方が多いんですが決定的な仕事をしたのは堂安でした。

ちょっと日本を舐めたようなプレーをしていたスペインのゴールにズドンと突き刺したシュート。

カッコ良かったです。

 

【FW】

林 6.5

身体が大きいわけではないですがスペイン相手にもしっかりポストプレーが出来ていてチャンスを作っていました。

闘志が力みになっているのでシュート技術が上がれば凄い選手になりそうな雰囲気があります。

 

【SUB】

大迫 6.5

後半の脆弱なディフェンスラインの後ろでよくゴールを守りました。

やっぱり反射神経は物凄いです。

 

町田 5.5

スペインの動きに付いて行けなかった印象。

しっかり守ってくれた大迫に謝罪しましょう。

オーバーエイジの重要性を教えてくれました。

 

瀬古 5.5

同じく。

オーバーエイジとの差を痛感しました。

 

橋岡 4.5

ミスばかりが目立ちました。

スペインのスパイかと思うぐらい。

調子うんぬん以前に実力不足だと思います。

 

田中 5.5

解説陣は相変わらず絶賛していましたが今日はそんなに効果的な仕事はしていなかったと思います。

 

三好 6.0

ボールを持つ機会は少なかったですが、ボールを持ったらスペインの驚異になっていました。

やっぱり中央か右サイドの選手だと思うので久保か堂安の調子が悪いときに使ってほしいです。

 

前田 5.5

ワントップのときはいつもの前田でしたが2列目に下がってかららしさを発揮しました。

ワントップ時は5.0、2列目に下がってからはミスもあったけど6.0、総合的に5.5って感じです。

使うなら相馬や三苫の代わりに左サイドって感じが1番良いような気がします。

 

上田 5.5

あまりプレー機会がありませんでした。

三好のパスから惜しい飛び出しがありましたが目立ったプレーはあれぐらい。

まぁ怪我明けなのであまり無理しないように言われていたのかもしれません。

 

中山 ー

時間なし。

 

【まとめ】

スペイン強かったですね。

 

ただワクワクした前半から失望の後半という感じの試合でした。

前半のメンバーは殆ど6.5と採点の意味がありませんが、それぐらい全員が一丸となってスペインの攻撃を防いで先制点を奪ったという印象でした。

それに比べて後半はガクンとレベルが下がってよく1失点に抑えたなという感じ・・・

大迫に感謝です。

 

個人的に今日の試合は旗手、大迫、三好が良かったと思います。

 

前半のメンバーで90分戦ったら勝てたかもしれない試合内容でしたし、本番が楽しみになりました。

 

 

 

 

ゼルダの伝説 スカイウォードソードHDを購入。数時間遊んでみた正直な感想、簡単な評価・レビュー、ジョイコンとプロコンのメリットデメリットなど。

今日はゼルダの伝説シリーズファンが待ち望んでいたソフトの発売日でした。

 

それがこちら

 

ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD

 

元々はWiiで発売されたソフトのリマスター版です。

 

ゼルダの伝説シリーズは全てが1つのストーリーで繋がっているわけではなくて、色んな結末ごとに時系列が分岐してそれぞれがパラレルワールドになってます。(なっているらしいです)

 

今回、発売されたスカイウォードソードは全てのゼルダの伝説シリーズの始まりの物語らしいです。

僕は過去にWii版を買ったんですが、Wiiリモコン必須の操作性があまりにもクソすぎたので1時間ぐらい遊んで即売りました。

なのでほぼ初プレイです。

 

数時間遊んでみた感想やレビュー、ジョイコンとプロコンのメリットデメリットを書きたいと思います。

f:id:SAKU39:20210717163826j:plain

 

 

【数時間遊んでみた感想、レビュー】

古いゲームのリメイクなのであらすじは書きません。

 

◎良かったところ

・いつものゼルダの安心感

最初にストーリーの中で簡単なチュートリアルがあり、色んな仕掛けや謎を解きながらダンジョンを進んでボスを倒す。

新しく手に入れたアイテムで出来ることが増えて新しい謎を解けるようになったり行ける場所が増えていく。

という色んなことが出来るようになっていくワクワク感はまさにゼルダの伝説という感じで安心感があります。

世界が危機的な状況なのにホンワカしている住人たちもまさにゼルダという感じ。

ゲームシステムは3Dゼルダなので「時のオカリナ」に近いです。

(操作性の難は後述しますが・・・)

 

ゼルダが可愛い

今回のゼルダの伝説は始まりの物語なのでリンクはまだ「勇者」ではありませんしゼルダも「姫」ではありません。

2人はただの幼馴染みの学生。

なのでゼルダと話すシーンが多いんですが、このゼルダが可愛いです。

画像だけだと可愛く見えないと思いますが、ムービーで見ると可愛いんです。

いきなり「ゼルダを助けに行け」と言われるより、序盤に触れあって可愛いと思ったゼルダに危機が訪れる方がゲームに入り込めます。

f:id:SAKU39:20210717163839j:plain

画像だけだと不気味な感じにも見えますが動いていると可愛く見えるから不思議。

 

f:id:SAKU39:20210717163850j:plain

これはよく撮れているかも。

 

f:id:SAKU39:20210717163901j:plain

空からダイブして・・・

 

f:id:SAKU39:20210717163912j:plain

ロフトバードが現れて・・・

 

f:id:SAKU39:20210717163923j:plain

掴まるゼルダはカッコいいです。
 

×気になったところ

・やっぱり操作性がキツい。ジョイコン、プロコンそれぞれに一長一短がある

僕がWii版を投げ出した主な理由は「操作性が酷すぎた」というところなんですが、このリマスター版でも操作性は結構キツいです・・・

プレステなどの普通のコントローラーに近いプロコンでもSwitchの両サイドに付いているジョイコンでも操作できるんですが、それぞれに操作しやすい部分と操作しにくくストレスが溜まる部分があります。

慣れの問題かもしれませんが・・・

まぁこれはオリジナルのWii版が「縦横斜め自由に剣を振れる」という直感的操作がウリだっただろうから仕方ないんですが、どうせならリマスターではなくリメイクにしてこの要素を取っ払って作って欲しかったです。

ジョイコンでもプロコンでも操作に難があるのでゲームのテンポが悪くなるんですよね。

ジョイコン操作とプロコン操作の一長一短は後述します。

 

・飛びついて掴まる判定がシビア

ターザンロープのようなもので反動をつけて向こう側の崖に飛びついたり、次のターザンロープに飛び移ったりする場面が結構あるんですが崖やロープを掴む判定がかなりシビアです。

正直「それに気付くまでが醍醐味で飛びつくスキルはあまり重要じゃないでしょ」と思うんですが、しっかり反動をつけてちゃんと跳躍力がMAXになるところで飛び移らないと高確率で落下してやり直しになります。

まぁ今作は崖底に落ちてもライフが減らないのでペナルティは無いんですが、これもテンポが悪くなってストレスが溜まります。

f:id:SAKU39:20210717164443j:plain

掴まれそうで掴まれず落下を何回繰り返したか・・・

 

【ジョイコンとプロコンどっちが良い?】

◎ジョイコンのメリット

視点操作が楽

ジョイコンを使うと一般的なアクションゲームのように左スティックで移動、右スティックで視点操作が出来るので初めてでも違和感なくすんなり操作できます。

また視点操作と剣を振る操作が完全に別操作なので、視点移動しながらボスに接近して斬りかかる、のようなアクションもやりやすいです。

 

回転斬りや止めの一撃はやりやすい

左右のジョイコンを一緒に振るだけで回転斬りや止めの一撃ができるので操作ミスは少ないです。

 

×ジョイコンのデメリット

ロフトバードなどジャイロ機能を使うシーンの操作性が悪い

普段のフィールドを歩いたり走ったりするのは左スティックなんですが、それ以外にジョイコンを振って操作する場面が多々あってこれがかなり苦痛です・・・

ジョイコンを振っても操作対象の動きがワンテンポ遅れるのでジョイコンが反応しているのかしていないのかよく分かりません。

また進みたい方向にジョイコンを向け続けるのか1回振るだけでいいのか、振るのではなく捻る必要があるのか、などがよく分からず爽快感0です。

間違いなくWiiのときより精度は上がっているんでしょうけど、やっぱり今作もこれがかなりのストレスです。

f:id:SAKU39:20210717164305j:plain

 

ジャイロ機能の基準となる位置が毎回ズレるのでいちいちリセットするのが面倒

ジャイロ機能って「基準となる位置」から縦横にどれぐらいジョイコンがズレたかで判定されていると思うんですが、その基準となる位置がめちゃくちゃズレます。

何度設定し直してもズレます。

もしかしたら「画面の中心」ではなく「そのときのリンクの体の向き」に合わせているのかもしれませんが、ジャイロ機能を使うシーンになるたびに操作キャラが急に横に動き出したり照準が画面の端に張り付いたりします・・・

そのたびにジャイロリセット・・・

仕様なのか調整ミスなのか分かりませんがアップデートで改善されることを願います。

f:id:SAKU39:20210717164353j:plain

 

剣を掲げる角度がシビア。また剣を振るときにジョイコンを結構大きく振らないと反応しない

リンクが剣を天に掲げてエネルギーを溜めるような場面がよくあるんですが、これもストレスが溜まります。

剣を掲げたと認識されるポイントが狭い上に「剣を掲げる動作」と「剣を振り上げる動作」は別なので、剣を掲げたと思ったら微妙なズレで剣を振り上げた動作に変わったりして中々ポーズが安定せずエネルギーが溜まりません・・・

剣を掲げるのは何かボタンを押しながらジョイコンを上に向ける、じゃダメだったんですかね・・・

 

◎プロコンのメリット

ロフトバードやビートルなどの操作が楽

まぁジョイコンのメリットデメリットの反対ですね。

ロフトバードに乗って空を飛んだりビートルというドローンのようなアイテムを操作するとき、プロコンなら左スティックで操作できるのでかなり楽です。

左スティックを倒した分だけ移動する、シンプルな操作性です。

f:id:SAKU39:20210717164020j:plain

↑プロコンでの操作はかなりシンプルで分かりやすいです。

 

f:id:SAKU39:20210717164048j:plain

↑ジョイコンを捻る動作とか分かりづらすぎる・・・

 

剣をすぐ振れる

プロコンの場合、右スティックが剣の操作になります。

ジョイコンのように右手をブンブン振らなくても右スティックを倒すだけで剣を触れるので、咄嗟に敵が現れたときなどはプロコンの方が対応しやすいです。

ただ回転切りや止めの一撃はジョイコンの方がやりやすいです。

 

×プロコンのデメリット

視点操作が面倒。特に戦いながらの視点移動はかなり難しい

f:id:SAKU39:20210717163942j:plain

プロコンの唯一にして最大のデメリットがこれです。

上にも書いたようにプロコンだと右スティックで剣を振ることができるんですが、視点操作はLボタンを押しながら右スティック操作です。

そのまま右スティックを倒すと剣を振り、Lボタンを押しながら右スティックを倒すと視点が移動する・・・

これは本当に意味が分かりません。

慣れなのかもしれませんが歩きながら視点操作しようとしたら視点は変わらず剣を振ってしまったり、視点を移動させていたら目の前に敵がいて慌てて剣を振ろうと思ってもLボタンを押したままで剣を振れなかったり、とにかく煩わしいです。

ボスの周りを走りながらボスを視点の中心に置きつつ剣で斬りかかるなんてプロコンだとたぶん無理です。

これに苦しめられている人多いと思います。

 

【結論】基本はジョイコンで、操作しづらいところだけオプションからボタン操作に切り替えるのがベストかも

数時間、プロコンとジョイコンで遊んでみて僕の最終的な結論は「ジョイコンで操作しながらロフトバードなどを操作するときだけオプションからボタンオンリー操作に切り替えるのがベスト」でした。

Switchを買ってから一度もジョイコンで遊んだことのなかった僕でもプロコンよりジョイコンの方が遊びやすいと感じました。

上で書いたようにジョイコンの方がデメリットの数は多いんですが、それ以上にプロコンの唯一のデメリットが合わな過ぎて我慢できませんでした・・・

まぁこれは慣れや個人差があるでしょうから何とも言えませんが、操作性に悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

 

f:id:SAKU39:20210717163133j:plain

普段はジョイコンで「モーション操作」

 

f:id:SAKU39:20210717163144j:plain

ロフトバードやビートルなどを操作するときだけジョイコンで「ボタンオンリー操作」に切り替える。

プロコンでもジョイコンでもカメラ回転速度を「とてもはやい」にするのをオススメ

これはプロコン、ジョイコンどちらもなんですがオプションからカメラ回転速度を「とてもはやい」に切り替えるのをオススメします。

これによって右スティックやLボタン+右スティックでの視点操作スピードが速くなり結構快適になります。

 

f:id:SAKU39:20210717164617j:plain

 

 

【まとめ。リマスターに過度な期待は禁物】

なんだか全然まとまりのない内容になってしまいました。

まぁ正直操作性以外はいつものゼルダで楽しいというのが僕の印象です。

ただその操作性に難がありすぎて万人にオススメかと言われると「う~ん・・・」という感じです。

特にブレスオブザワイルドのような内容を期待した人がいるとしたら間違いなく失望します。

 

あくまでも歴史を変えるほどの人気を誇ったWiiで発売されたにも関わらず、「好きなゼルダ作品」などで全く話題に上がってこないぐらいの作品のリマスターです。

FF7リメイクのように現代の技術で1から作り直したリメイクではありませんので過度な期待はしない方が良いです。

 

ゼルダシリーズ好きなら90点、そうじゃないなら75点、そんなゲームだと思います。

 

購入を検討されている方は、とにかく操作性のハードルをグーンと下げまくってから購入しましょう。

 

 

 

 

サッカー U-24強化試合 U-24日本代表 VS U-24ホンジュラス代表。個人的採点。

今日は東京オリンピックに向けた親善試合、U-24日本代表とU-24ホンジュラス代表の試合がありました。

 

ここまで来ると強化試合と言うより調整試合みたいなものですが日本代表からすれば仮想メキシコ代表、ホンジュラス代表からすれば仮想韓国代表というところでしょうか。

 

22人(当初は18人)へのサバイバルを勝ち抜いたメンバーによる、今度はスタメン奪取に向けたサバイバル。

 

あくまでも個人的な採点です。


f:id:SAKU39:20210712173841j:image

 


f:id:SAKU39:20210712185138j:image

 

採点

U-24日本代表 31 U-24ホンジュラス

 

6.0が及第点です。

【GK】

谷 6.0

前半はプレー機会無し。

後半の失点シーンは左にいた選手が気になったと思いますが飛び出しが遅かったと思います。

まぁほぼあそこにパスを通されたDFラインのせいですけどね。

 

【DF】

中山 6.0

突破力は物足りませんが攻撃では三好や周りとの良い連係でチャンスを作っていましたし、守備も無難にこなしていたと思います。

まぁ右の酒井と比べると物足りませんけど。

 

冨安 6.5

2点目につながる良いクロスがありました。

失点シーンは止めてほしかったですけどパスを通された時点で対応は難しかったと思います。

 

吉田 6.5

まるで若い前線の選手たちに「シュートはこんな風にリラックスして蹴るんだよ」と教えるかのような見事なゴールでした。

ただ失点シーンは一瞬、集中が切れていたようなプレーでした。

 

酒井 6.5

攻守にパワフルなプレーを見せていました。

 

【MF】

田中 6.5

フリーの選手を見つけるのが上手く攻撃のリズムを作っていました。

下がった直後に失点したように不在時が心配です。

 

遠藤 6.5

田中が攻撃をしやすいよう攻守にフォローするようなプレーでしたのであまり目立たず。

でも味方のパスコースを作ったり相手の攻撃の起点を潰したり、やはり目立たないけど気が利いているプレーが随所に見られました。

 

三好 6.0

良いプレーと悪いプレーがハッキリしていましたが、明らかに悪いプレーの方が割合が多いので改善してほしいです。

というか左サイドは適性ポジションじゃない気が・・・

 

久保 6.5

ドリブルやパスでチャンスは沢山作っていましたがゴールには繋がらず。

まぁほぼクロスが合うか合わないかの運次第なところでしたし問題ないと思います。

先制ゴールをアシストしましたがセットプレーのキックの精度がイマイチだった印象。

 

堂安 7.0 MOM

10番に見合うプレーだったと思います。

正直チャンスメイクは久保の方が多かった気がしますが、決めるべきところで決めた堂安はさすがでした。

 

【FW】

林 6.0

動き出しも良かったですしポストプレーでのアシストもありました。

ただシュート精度の低さも目立っていましたし、今日のレベルの相手にフォワードが無得点ということで厳しめの評価です。

点を取らなくてもチャンスを作ったってだけでフォワードを褒める日本の文化が嫌いなので期待を込めて厳しめにしました。

 

【SUB】

板倉 6.0

無難だったと思います。

 

前田 6.0

スピードを活かしてチャンスを作った点は良いと思いますが結局はノーゴール。

決定力のないフォワードから決定力のないフォワードに交代しただけでした。

正直、林とどっちもどっちな印象です。

 

相馬 6.5

このチームでずっと結果を出し続けていますし安心して見ていられます。

ナイスアシストでした。

 

橋岡 -

時間なし。

 

町田 -

時間なし。

 

藤田 -

時間なし。

 

【まとめ】

ホンジュラスはあんなもんなのか、ヤル気がなかったのか、コンディションが悪いのかよく分かりませんでした。

点は入りましたしチャンスはたくさんありましたが、個人的には正直あまり面白くない試合だったかな・・・

前半途中から後半失点するぐらいまでグダグダだったように感じましたし。

 

分かったことは

①上田不在の影響はかなり大きい

②三好はあくまでも右サイドの控え

の2つですかね。

 

まだ来日していないチームもありますし、本大会の海外チームのコンディションやモチベーションが凄く心配になる試合でした。

 

 

 

キャプテン翼Ⅲプレイ日記⑰。全日本ユースの前にジノ・ヘルナンデスくん率いるカテナチオ軍団が立ちはだかる。そして翼くんにアクシデントが・・・

スーパーファミコンソフト キャプテン翼3プレイ日記17回目。

 

前回は必殺シュートを修得したミハエルくんに翻弄されながらも、自慢の攻撃力でアメリカユースを下すという試合展開でした。

www.saku39blog.com

 

今回もその続きです。

 

 

【ユニバーサル・ユース 第3試合 全日本ユース VS イタリアユース】

 

f:id:SAKU39:20210711232346j:plain

ユニバーサル・ユース3回戦の相手はイタリアユース。

パーフェクト・キーパーと呼ばれるジノ・ヘルナンデスくんを中心に堅い守備で勝ち上がってきたチームです。

この世代でもカテナチオは受け継がれています。

 

試合前ミーティング

f:id:SAKU39:20210711232349j:plain

f:id:SAKU39:20210711232352j:plain

ランピオンという選手のロケットヘッドが強力なようです。

なるべくクロスを上げさせないようにしないといけません。

ヘルナンデスくんからゴールを奪うのは至難の業なので1点が重い試合になりそうです。

 

f:id:SAKU39:20210711232355j:plain

スタメンはいつも通り。

 

前半戦キックオフ!!

f:id:SAKU39:20210711232359j:plain

イタリアユースボールでキックオフ。

 

f:id:SAKU39:20210711232402j:plain

最初のチャンスはイタリアユース。

エースストライカーのランピオンくんパス。

 

f:id:SAKU39:20210711232407j:plain

スギモスくんダイレクトで返す。

 

f:id:SAKU39:20210711232410j:plain

ランピオンくんこのボールをボレーシュートだ!

 

f:id:SAKU39:20210711232413j:plain

若林くん飛びついた!

 

f:id:SAKU39:20210711232416j:plain

パンチング!

普通のシュートは決めさせません。

 

f:id:SAKU39:20210711232421j:plain

カウンターを仕掛ける全日本ユース、左ウイングの和夫くんアーリークロスを上げた!

 

f:id:SAKU39:20210711232424j:plain

中で待つのは翼くん。

ここは様子見などせず最強のサイクロンでゴールを狙います。

そしてここからイベントシーン。

 

f:id:SAKU39:20210711232428j:plain

翼くん「ヤツにはこれしかない!!」

 

f:id:SAKU39:20210711232432j:plain

f:id:SAKU39:20210711232435j:plain

翼くん「行けェーーー!」

 

f:id:SAKU39:20210711232439j:plain

強烈なサイクロンがイタリアユースゴールに襲い掛かる!

 

f:id:SAKU39:20210711232442j:plain

ヘルナンデスくん「来たな!」

 

f:id:SAKU39:20210711232445j:plain

バシィッ!!

なんとヘルナンデスくん、翼くんのサイクロンをがっちりキャッチだー!!

 

f:id:SAKU39:20210711232448j:plain

ビーン!!

 

f:id:SAKU39:20210711232451j:plain

ヘルナンデスくん「フッ!」

 

f:id:SAKU39:20210711232454j:plain

翼くん「サイクロンが・・・!!」

 

f:id:SAKU39:20210711232457j:plain

ロベルト本郷による解説。

 

f:id:SAKU39:20210711232503j:plain

・・・だそうです。

イベントシーン終わり。

 

f:id:SAKU39:20210711232506j:plain

今度はイタリアユースの攻撃です。

司令塔ビュケレくんパス。

 

f:id:SAKU39:20210711232509j:plain

ボランチの位置から上がってきたクローチェくんに繋がります。

 

f:id:SAKU39:20210711232514j:plain

クローチェくんそのままシュート!!

 

f:id:SAKU39:20210711232517j:plain

フォワードでもないモブのシュートは大丈夫だろうと若林くんキャッチに行く!

 

f:id:SAKU39:20210711232521j:plain

マジかよ若林!!

 

f:id:SAKU39:20210711232524j:plain

しかし早田くんがカバーに入っている!

 

f:id:SAKU39:20210711232527j:plain

早田くんギリギリでクリアー!

早田くんの超ファインプレーだ!

若林くん命拾いです。

 

f:id:SAKU39:20210711232532j:plain

しかしクリアしたボールはイタリアユースのエースストライカー、ランピオンくんの上空へ。

石崎くんがマークに付いている!

 

f:id:SAKU39:20210711232535j:plain

ランピオンくん必殺のロケットヘッドだー!

 

f:id:SAKU39:20210711232539j:plain

石崎くん「くそったれーーー!」

 

f:id:SAKU39:20210711232543j:plain

石崎くんシュートに飛びつく!

 

f:id:SAKU39:20210711232547j:plain

石崎くん「ぐわァァァ!」

 

f:id:SAKU39:20210711232550j:plain

石崎くん顔面ブロックだー!

ダイビングヘッドの格好で突っ込んで仰向けに吹っ飛んでいるが首の骨は大丈夫なのか!?

 

f:id:SAKU39:20210711232554j:plain

石崎くんのガッツあふれるプレーでシュートを防ぎました!

 

f:id:SAKU39:20210711232557j:plain

しかしこのこぼれ球を拾ったのもイタリアユース。

ビュケレくんヘディングでパス。

 

f:id:SAKU39:20210711232600j:plain

このボールはまたもランピオンくんのもとへ。

しかし今度は次藤くんがマークに付いている!

 

f:id:SAKU39:20210712101416j:plain

ランピオンくんシュートに行く!

 

f:id:SAKU39:20210712101437j:plain

次藤くんもクリアに行く!

 

f:id:SAKU39:20210711232603j:plain

ドンッ!!

 

f:id:SAKU39:20210711232607j:plain

なんとパワーには絶対の自信を持つ次藤くんが吹っ飛ばされた!

 

f:id:SAKU39:20210711232610j:plain

ランピオンくんのロケットヘッドだ!

 

f:id:SAKU39:20210711232613j:plain

若林くん懸命に飛びつく!

 

f:id:SAKU39:20210711232618j:plain

ドンッ!!

 

f:id:SAKU39:20210711232622j:plain

若林くん吹っ飛ばされたー!

若林・・・

 

f:id:SAKU39:20210711232625j:plain

ここも早田くんがカバーに入っている!

 

f:id:SAKU39:20210711232629j:plain

ドンッ!!

 

f:id:SAKU39:20210711232633j:plain

早田くんも吹っ飛ばされた!

 

f:id:SAKU39:20210711232636j:plain

ネットを突き破った!

ゴーーール!!

 

f:id:SAKU39:20210711232639j:plain

ランピオンくんの強烈なロケットヘッド、全日本ユースのゴールを突き破りました!

全日本ユースは早田くんのカバー、石崎くんの顔面ブロックと2度イタリアユースの攻撃を凌ぎましたがこじ開けられてしまいました!

守備には絶対の自信をもつイタリアユース、ゲームプラン通りの試合展開です。

 

f:id:SAKU39:20210711232642j:plain

イタリアユースの堅い守備に苦戦する全日本ユース。

逆にイタリアユースはそのスキを突いてカウンターを仕掛けます。

前半16分、ロッシーニくんパス!

 

f:id:SAKU39:20210711232647j:plain

これはフリーのランピオンくんに通った!

 

f:id:SAKU39:20210711232652j:plain

ランピオンくん、またも得意のロケットヘッドだ-!

 

f:id:SAKU39:20210711232655j:plain

若林くん反応している!

 

f:id:SAKU39:20210711232659j:plain

だが届かなーい!

おい若林!!

 

f:id:SAKU39:20210711232703j:plain

バインッ!!

しかしこれは惜しくもゴールポストを直撃!

跳ね返ったボールは全日本がキープします。

若林くん、またも命拾い!

全然イタリアユースのシュートに対応できません!

 

f:id:SAKU39:20210711232706j:plain

中々イタリアユースの守りを崩せない全日本ユース、久々のチャンス。

右サイドを突破した政夫くんのセンタリング!

 

f:id:SAKU39:20210711232710j:plain

これに合わせるのは新田くん。

あっとこれはスルーだ!

 

f:id:SAKU39:20210711232713j:plain

ヘルナンデスくん、スルーに釣られている!

 

f:id:SAKU39:20210711232718j:plain

ボールの先には左ウイングの和夫くんがいる!!

 

f:id:SAKU39:20210711232722j:plain

次藤くん「立花!飛べタイ!!」

 

f:id:SAKU39:20210711232726j:plain

立花兄弟「頼むぞ次藤!」

 

f:id:SAKU39:20210711232729j:plain

これは立花兄弟と次藤くんの大技スカイラブツインシュートだー!

 

f:id:SAKU39:20210711232732j:plain

右サイドからセンタリングを上げた政夫くんがどうやって一緒に飛んだんだー!

 

f:id:SAKU39:20210711232736j:plain

立花兄弟「行っけェーーー!」

 

f:id:SAKU39:20210711232739j:plain

ヘルナンデスくん「必ず止める!!」

 

f:id:SAKU39:20210711232742j:plain

出た!!

ヘルナンデスくんの黄金の右腕!!

 

f:id:SAKU39:20210711232746j:plain

止めたー!

このシュートをワンハンドキャッチだ!

 

f:id:SAKU39:20210711232749j:plain

ヘルナンデスくん「ツバサ!サイクロンを撃ってこい!」

さっき撃ったよ。

 

f:id:SAKU39:20210711232753j:plain

前半24分、イタリアユースの攻撃。

ランピオンくんパス。

 

f:id:SAKU39:20210711232756j:plain

グッチくんリターン。

イタリアユース得意のパターンだ!

 

f:id:SAKU39:20210711232803j:plain

このボールをランピオンくんロケットヘッドだ!!

 

f:id:SAKU39:20210711232806j:plain

今日、絶不調の若林くん飛びついたー!

 

f:id:SAKU39:20210711232809j:plain

パンチング!!

若林くん全日本ゴールを死守!

これ以上、点は与えられません!

 

f:id:SAKU39:20210711232812j:plain

前半28分、全日本ユースの攻撃。

左サイドから突破した和夫くんセンタリング!

 

f:id:SAKU39:20210711232818j:plain

中で合わせるのは翼くん!

翼くん「行けェーーー!」

 

f:id:SAKU39:20210711232821j:plain

翼くん今日2本目のサイクロンだ!

 

f:id:SAKU39:20210711232824j:plain

ヘルナンデスくん「必ず止める!!」

 

f:id:SAKU39:20210711232827j:plain

ヘルナンデスくん必殺の黄金の右腕!

 

f:id:SAKU39:20210711232832j:plain

止めたー!

このサイクロンもワンハンドキャッチだ!

これがパーフェクトキーパーと呼ばれるジノ・ヘルナンデスくんの実力です。

 

f:id:SAKU39:20210711232835j:plain

ピッピー!!

そのまま前半終了です。

 

f:id:SAKU39:20210711232842j:plain

イタリアユースが前半10分に決めた1点をしっかり守っています。

これは完全にイタリアユースの得意とする試合展開。

全日本ユースは後半ゴールを奪えるのでしょうか。

 

翼くん失神!!

ここでイベントシーン。

f:id:SAKU39:20210711232846j:plain

翼くん「ぐ・・・」

 

f:id:SAKU39:20210711232849j:plain

グラッ・・・

 

f:id:SAKU39:20210711232853j:plain

翼くん「あ・・・!!」

バタッ!!

翼くんが倒れてしまいました・・・

 

f:id:SAKU39:20210711232856j:plain

f:id:SAKU39:20210711232901j:plain

どうやらサイクロンのダメージが限界を超えたようです・・・

 

f:id:SAKU39:20210711232904j:plain

f:id:SAKU39:20210711232907j:plain

翼くんの実家でテレビ中継を見ていた翼くんの彼女、後の奥様早苗ちゃん

 

f:id:SAKU39:20210711232910j:plain

フィールドで気を失った翼くんはそのままタンカで医務室に運ばれていきます。

 

f:id:SAKU39:20210711232913j:plain

心配そうに見守る早苗ちゃん。

 

f:id:SAKU39:20210711232918j:plain

f:id:SAKU39:20210711232921j:plain

どうやら翼くんはプレー続行不可能のようです。

翼くんここで交代です。

 

気を失うほどの足首の痛みってどんなんだよ・・・

 

後半戦キックオフ!!

f:id:SAKU39:20210711232925j:plain

全日本ユースボールで後半スタートです。

 

f:id:SAKU39:20210711232928j:plain

翼くんの代わりに誰が入ったのか確認してみると、沢田タケシくんが入っていました。

 

f:id:SAKU39:20210711232931j:plain

ちなみにパスを出そうとしている岬くんの能力がこちら。

タケシくん弱すぎる・・・

 

f:id:SAKU39:20210711232935j:plain

これは自分で行くしかないと岬くんドリブルで仕掛けます。

しかしロッシーニくんが寄せてきた!

 

f:id:SAKU39:20210711232939j:plain

岬くんドリブル突破!

 

f:id:SAKU39:20210711232942j:plain

ロッシーニくんスライディング!

 

f:id:SAKU39:20210711232946j:plain

ロッシーニくん触ったー!

 

f:id:SAKU39:20210711232949j:plain

ボールはサイドラインを割ります。

するとここでまたイベントシーンが。

 

f:id:SAKU39:20210711232952j:plain

タケシくん「だ・だめだ・・・翼さんがいないんじゃ!!」

お前が言うな!!

 

f:id:SAKU39:20210711232955j:plain

??「タケシ!弱音を吐くな!!」

タケシくんに激を飛ばす声が・・・

 

f:id:SAKU39:20210711232958j:plain

そこには全日本のエースストライカ日向くんの姿が。

 

f:id:SAKU39:20210711233001j:plain

驚く全日本イレブン。

 

f:id:SAKU39:20210711233005j:plain

見上監督は激おこぷんぷん丸。

 

f:id:SAKU39:20210711233009j:plain

しかし翼くんが抜けている今、イタリアユースからゴールを奪えるのは日向くんしかいません。

 

f:id:SAKU39:20210711233013j:plain

よく読むと意味の分からない激ですが、日向くんに託します。

 

f:id:SAKU39:20210711233017j:plain

日向くん「タケシ!交代だ!!」

沢田くん出場時間1分で交代。

新田くんを左ウイングにスライドし、左ウイングだった和夫くんを中盤に下げます。

 

f:id:SAKU39:20210711233023j:plain

日向くんが投入されて最初のチャンス。

右MFにポジションを変えた和夫くんが前線へパス!

 

f:id:SAKU39:20210711233031j:plain

日向くん、競り合いながらもこのボールを胸トラップ!

 

f:id:SAKU39:20210711233034j:plain

日向くん「くらえヘルナンデス!これが俺のライトニング・タイガーだ!!」

 

f:id:SAKU39:20210711233037j:plain

雷鳴が鳴り響く!

そして初めて使うのに実況がシュート名を知っている!

 

f:id:SAKU39:20210711233041j:plain

日向くん「くらえぇぇぇーーー!!」

 

f:id:SAKU39:20210711233044j:plain

ヘルナンデスくん「必ず止める!!」

 

f:id:SAKU39:20210711233048j:plain

ヘルナンデスくんの黄金の右腕!!

 

f:id:SAKU39:20210711233052j:plain

あーっと!

これは届かなーい!!

 

f:id:SAKU39:20210711233055j:plain

ネットを突き破った!

ゴ~~~ル!!

 

f:id:SAKU39:20210711233100j:plain

日向くんの新しい必殺シュートがイタリアユースゴールを突き破りました!

これが全日本のエースストライカ日向小次郎だ!

ついにヘルナンデスくんからゴールを奪いました!!

全日本ユースが同点に追い付いています。

 

f:id:SAKU39:20210711233110j:plain

勢いに乗る全日本ユース、松山くんの鋭いアーリークロス

 

f:id:SAKU39:20210711233117j:plain

このボールを岬くんスルー!

 

f:id:SAKU39:20210711233121j:plain

ヘルナンデスくんバランスを崩した!

 

f:id:SAKU39:20210711233125j:plain

政夫くん「行くぞ!和夫!俺たちの空中技!」

 

f:id:SAKU39:20210711233130j:plain

この高いボールには立花兄弟のスカイラブハリケーンだ!

 

f:id:SAKU39:20210711233133j:plain

和夫くんが飛んだ!

 

f:id:SAKU39:20210711233138j:plain

そして高い位置から角度を付けた叩きつけるヘディング!!

 

f:id:SAKU39:20210711232127j:plain

ヘルナンデスくん「必ず止める!!」

 

f:id:SAKU39:20210711232131j:plain

ヘルナンデスくん、バランスを崩しながらも黄金の右腕を伸ばす!

 

f:id:SAKU39:20210711232135j:plain

このシュートもがっちりキャッチ!

揺さぶりをかけた全日本ユースでしたがヘルナンデスくん、ゴールを許しません。

 

f:id:SAKU39:20210711232141j:plain

今度はイタリアユースの攻撃。

イタリアユース得意な形を作った。

ランピオンくんパス!

 

f:id:SAKU39:20210711232145j:plain

スギモスくんダイレクトで返す。

 

f:id:SAKU39:20210711232151j:plain

ボールが少し低くなった!

ランピオンくんボレーシュートだ!

 

f:id:SAKU39:20210711232154j:plain

若林くん反応している!

 

f:id:SAKU39:20210711232158j:plain

かろうじて弾いた!!

若林くんもやっと調子が出てきたか!?

 

f:id:SAKU39:20210711232202j:plain

その後は中盤での激しい攻防が続き中々チャンスを作れなかった両チーム。

後半28分、イタリアユースが久々に全日本ユースゴール前までボールを運んでいます。

しかしエースのランピオンくんには石崎くんと次藤くんが2人で止めに行きます!

 

f:id:SAKU39:20210711232205j:plain

石崎くんスライディング!

 

f:id:SAKU39:20210711232208j:plain

ランピオンくんここは珍しくドリブルだ!

あっさりかわした!

 

f:id:SAKU39:20210711232211j:plain

次藤くん「さっきの借りは返す!今度はこっちが吹っ飛ばしてやるタイ!!」

 

f:id:SAKU39:20210711232214j:plain

次藤くん必殺パワータックルだ!

 

f:id:SAKU39:20210711232217j:plain

ランピオンくんかわしたー!

強烈なロケットヘッドだけじゃなく足下の技術も高水準で備えています。

 

f:id:SAKU39:20210711232220j:plain

そしてランピオンくんパス!

 

f:id:SAKU39:20210711232224j:plain

スギモスくんダイレクトでワンツー。

 

f:id:SAKU39:20210711232227j:plain

高いボールがランピオンくんと若林くんの間に上がった!

 

f:id:SAKU39:20210711232230j:plain

ランピオンくん向かっていく!!

 

f:id:SAKU39:20210711232234j:plain

若林くんも飛び出した!!

 

f:id:SAKU39:20210711232237j:plain

これはどうなったか!?

 

f:id:SAKU39:20210711232241j:plain

なんと若林くん反則をとられた!

 

f:id:SAKU39:20210711232245j:plain

イタリアユースにPKが与えられます!

全日本ユースイレブンは必死に抗議していますが判定は覆りません。

 

f:id:SAKU39:20210711232249j:plain

キッカーは当然ランピオンくん。

蹴りました!

 

f:id:SAKU39:20210711232255j:plain

あっと若林くんコースを完璧に読んでいる!!

 

f:id:SAKU39:20210711232258j:plain

若林くん止めたー!

絶対絶命のピンチを救った若林くん、前半の体たらくが何だったのかと思うぐらいハツラツとプレーしています!

 

f:id:SAKU39:20210711232301j:plain

試合時間は残り1分、全日本ユース最後の攻撃になるか?

闘将松山くん前線へパス!

 

f:id:SAKU39:20210711232305j:plain

ボールはもちろん日向くんへ。

 

f:id:SAKU39:20210711232308j:plain

日向くん裏へ抜け出した!

イタリアユースディフェンス陣を振り切りペナルティーマークあたりまで来ました!

 

f:id:SAKU39:20210711232311j:plain

日向くん「走れ稲妻!うおォォォーーー!」

 

f:id:SAKU39:20210711232314j:plain

残り時間10秒、ここで日向くんのライトニングタイガーだ!

 

f:id:SAKU39:20210711232317j:plain

日向くん「これで終わりだー!!」

 

f:id:SAKU39:20210711232320j:plain

ヘルナンデスくん「必ず止める!!」

 

f:id:SAKU39:20210711232324j:plain

ヘルナンデスくん黄金の右腕だ!

 

全日本ユースの勝利を決定付けるゴールとなるか!?

パーフェクトキーパーが防いで延長戦突入か!?

 

 

 

f:id:SAKU39:20210711232327j:plain

届かなーい!

ヘルナンデスくんわずかに触れず!!

 

f:id:SAKU39:20210711232332j:plain

ゴ~~~ル!!

 

f:id:SAKU39:20210711232335j:plain

試合終了間際、日向くんのライトニングタイガーが再びイタリアユースゴールに突き刺さりました!

日向くん、勝利を決定付ける2点目!!

翼くんが抜けた全日本ユースを見事に救いました!!

さすがのヘルナンデスくんも日向くんのパワーアップしたシュートは防ぎきれませんでした。

 

そして・・・

f:id:SAKU39:20210711232339j:plain

ピッピッピー!!

試合終了!!

 

f:id:SAKU39:20210711232342j:plain

全日本ユース、翼くんの状態は心配ですが見事な逆転劇でイタリアユースを下しました!

勝利の立役者は2ゴールを上げた日向くんでしょう。

翼くんの抜けた全日本ユースを救いました!

 

プレイ日記18へ続く・・・

 

【まとめ】

今回は鉄壁のイタリアユースを見事逆転勝利で下すという原作でありそうな展開になりました。

 

初プレイでストーリーを知らないのでサイクロンが全然入らなかったり翼くんが抜けたりしたときは「これ、どうしよう・・・」と思いました。

タイミングを計ったかのように日向くんが戻ってきてくれて助かりましたね。

実は毎試合どこかに隠れていてピンチになったら出ていこうと思っていたのかもしれません。

全日本ユースのピンチに駆けつけて同点ゴールを決め試合終了間際に勝ち越しゴールを決めるという、日向くんがカッコ良く仕上がった試合だったので個人的に大満足の試合展開でした。

 

これで怒涛の7連勝です。

今回がぎりぎり勝利でしたので次あたり厳しくなりそうな気がします。

 

最後にみんな大好き石崎くんの吹っ飛ばされ顔をもう一度貼っておきます。

f:id:SAKU39:20210711232547j:plain