SAKU39のブログ

初心者サラリーマンブロガー。ゲーム、サッカー、保険などのことをダラダラ書いています。副業にならないか挑戦中。

ピエール瀧の作品自粛の賛否について

最近、この話題で持ちきりですね。

 

「作品に罪はない」と、かっこ良さげな言葉も出ています。

 

この件で被害者はいないと言う芸能人もいます。

 

でも僕はピエール瀧の作品は全て自粛してほしいと思います。

 

理由は2つ。

 

1つは、今まで30年近くCDやドラマなどのギャラでピエール瀧がコカインを買い、それが反社会的勢力の資金源になっていた可能性があるから。

 

その反社会的勢力からお金を騙しとられたり、脅されたり、暴力を受けた被害者は0なのでしょうか?

 

ピエール瀧からすすめられてクスリに手を染めたという被害者も0なのでしょうか?

 

そういう被害者がいる可能性がある限り自粛するべきだと思います。

 

 

2つ目は、自粛が本人のためになると思うんですよね。

 

クスリは依存性が強いと言われます。

 

電気グルーヴのCDの販売が停止され自身が出ていたドラマや映画が自粛されていた方が、保釈後にまたクスリをやりたくなったときの抑止力になると思います。

 

「あれだけメンバーやファンに迷惑をかけた」「あれだけ共演者に迷惑をかけた」という思いが踏みとどまらせてくれそうな気がしますけどね。

 

保釈されたときに普通にCDが売られてて自分の出ているドラマや映画が放送されていたら、あまり罪の意識を感じず再犯しそうじゃないですか?

 

 

まぁ本人の為にも世間の為にも自粛するべきというのが僕の考えです。

 

 

あと、やたら出てくるお笑い芸人はクスリをやらないみたいな驕りは何なんですかね…