SAKU39のブログ

初心者サラリーマンブロガー。ゲーム、サッカー、保険などのことをダラダラ書いています。副業にならないか挑戦中。

喋った日本語を23ヵ国に翻訳してタイピング。TORO TECH JAPANの「翻訳しマウス」がスゴい!!

以前、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で支援したものを紹介したのですが、そのリターン商品が結構前に届いていました。

 

www.saku39blog.com

 

 

それがこの「株式会社TORO TECH JAPAN」の「翻訳しマウス(TORO MS01)」です。

www.itos-kk.jp

 

マウスとしては普通の充電式ワイヤレス静音マウスなのですが、その他の機能が面白かったのでご紹介したいと思います。

 

 

 

ここがスゴい!!

 

①マウスに向かって話した言葉を検索してくれる。

②マウスに向かって話した言葉をタイピングしてくれる。

③マウスに向かって話した日本語を、英語や中国語など23ヵ国語に翻訳してタイピングしてくれる!!

(設定を変えれば逆に英語で話した言葉を日本語に翻訳してタイピングなども可能!)

 

特に3つ目はテレビでも紹介されたようでドランクドラゴン鈴木拓も驚いています。

 

www.youtube.com

 

 

 

商品レビュー

 


f:id:SAKU39:20191108112925j:image

 

見た目は普通のマウスです。

 


f:id:SAKU39:20191108113056j:image

 

マウス、説明書、マイクロUSBタイプB が入っています。

 


f:id:SAKU39:20191108113119j:image

 

マウスの裏の右下にUSBレシーバーが収納されています。

マグネットでくっついて収納されているので蓋を外してレシーバーを取り出すなどの手間はありません。

 


f:id:SAKU39:20191108113140j:image

 

電源を入れるとロゴが光ります。

 

そのままでも普通のマウスとして使えますが、翻訳タイピング機能などを使うには専用の無料ソフトをダウンロードする必要があります。

 

まだ細かい機能までは把握できていませんが、専用ソフトで「話す言語」と「翻訳してタイピングする言語」を選びます。

 

そしてボタンを押しっぱなしにしてマウスに向かって話します。


f:id:SAKU39:20191108165721j:image

 

 

例えば来年は東京オリンピックなので

「開会式を観戦するなら大江戸線国立競技場駅まで行ってください」

と話して、いくつかの言語でWordに表示してみると

 


f:id:SAKU39:20191108164652j:image

 

こんな感じになります!!

 

(◯◯語)は補足で入力したのですが一瞬でそれぞれの言語に翻訳してくれました。

(英語以外は合っているのか全然わかりませんが・・・)

 

話した言葉を上段に日本語で表示して下段に翻訳した言語で表示する機能もありますので、日本語が間違えていないかどうかはその場で確認できます。

 

本当に一瞬で翻訳してくれますしスゴい時代になりました。

 

 

こんな人にオススメ

 

・英語を勉強中の方。

単純に辞書代わりに使えますし、例えば英語で話して日本語にタイピングするようにすれば自分の発音をチェックできます。

 

東京オリンピック会場近くのお店や、観光地のお店の方。

英語教育は進んでいますがまだまだ英語を話せる日本人は少ないと思います。

外国人のお客さんから色々聞かれてパニックになっても、このマウスに向かって喋ってもらって「英語  →  日本語」に翻訳。

こちらが喋って「日本語  →  英語」に翻訳、とすれば外国人のお客さんを困らせずにすむかもしれません。

スタッフを採用するときに「◯◯語が話せる方」などの条件を加える必要がなくなるかもしれません。

(まぁ手間を考えるとこのマウスとパソコンが2台ずつあった方が良さそうですが・・・)

 

 

 

×気になったところ

 

・滑舌が悪いと上手く認識されない・・・

滑舌が悪い方や、声が低くて通りにくい方の声は上手く認識されないかもしれません・・・

まぁゆっくり、ハッキリ話せば大丈夫だと思います。

 

 

・価格が高い・・・

僕はクラウドファンディングでしたので2つセットで6,000円でしたが、本日(2019年11月8日)時点でのAmazon価格は1個16,800円・・・

機能はスゴいですが高いです・・・

 

 

・マウスを手に持ったときにマウスポインタを動かせない。

マウスに向かって話すので当然


f:id:SAKU39:20191108224204j:image

 

こんな感じになります。

しかしこのマウスは赤外線センサーなので、例えば検索で出てきたサイトをクリックする場合や、ご認識された部分だけを消去する場合など、いちいちマウスをテーブルやマウスパッドに置かないとポインタを動かせません・・・

マウスを持ったままでもポインタ動かせるように、上面にトラックボール3DSのスライドパッドのようなものとクリックボタンがあれば良かったのですが・・・


f:id:SAKU39:20191108225207j:image


f:id:SAKU39:20191108225214j:image

 

 

・接続がBluetoothじゃない・・・

なぜUSBレシーバーが必要な無線接続なんですかね・・・

これが個人的には1番残念です・・・

Bluetoothだったらスマホタブレットでも使えたのに・・・

 

東京の電車の乗り換えって外国の方からすると物凄く複雑だと思います。

(同じホームから出るのに行き先が違ったりしますし)

口頭や文字で1度伝えただけじゃ絶対理解できません・・・

Bluetooth接続が出来れば相手のスマホタブレットに専用アプリとテキストメモさえ入れてもらえば、全ての道順や乗り換えを文書で残してあげることが出来ます。

外国の方が「あの人なんて言ってたっけ?」と道に迷うことが減りそうですけどね。

 

 

 

【まとめ】

半信半疑で支援したのですが「日本語音声 → 他言語タイピング」は感動しました。

技術の進歩ってスゴいです。

自分が学生のときにこのマウスがあったら英語の課題とか楽だっただろうなぁ、と思いました。

不満点もありますが本当に外国人のお客さんが多いお店には超オススメです。

 

クラウドファンディングはこういう最先端の商品が格安で手に入ることがあるから面白いですね。